CrystalDiskMarkに関することなら何でもOKの掲示板です。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
9 / 23 ツリー ←次へ | 前へ→

CrystalDiskMark30.ini の位置 Ghost 11/3/14(月) 17:59

Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 昔からのユーザー 12/9/30(日) 19:53
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 ひよひよ 12/10/1(月) 0:42
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 昔からのユーザー 12/10/2(火) 0:06
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 昔からのユーザー 12/10/28(日) 23:19
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 ひよひよ 12/10/28(日) 23:32

Re:CrystalDiskMark30.ini の位置
←back ↑menu ↑top forward→
 昔からのユーザー  - 12/9/30(日) 19:53 -

引用なし
パスワード
   すみません
よく考えたら引数がない場合だと上の処理だけじゃ駄目ですね

要するにコマンドラインの最初の引数が特定(たとえば/NT5)の場合だけ
DiskMark.cppの60行目から76行目までの処理を省略してほしい、ということで
うまい書き方が分からないですが

int argc = 0;
LPWSTR *argv = CommandLineToArgvW(GetCommandLineW(), &argc);

if(argc <= 1)
{
//DiskMark.cppの60行目から76行目までの処理
}
else
{
CString cstr;
cstr = argv[1];
if(cstr.CompareNoCase(_T("/NT5")) != 0)
{
//DiskMark.cppの60行目から76行目までの処理
}
}

みたいな感じにして頂ければ、ということです

また間違ってたらすみません

Re:CrystalDiskMark30.ini の位置
←back ↑menu ↑top forward→
 ひよひよ  - 12/10/1(月) 0:42 -

引用なし
パスワード
   ▼昔からのユーザーさん:
ご意見ありがとうございます。
正直なところ、ZIP 版とインストーラー版の両方があることやUAC関連の問題もあり、なかなか対応は難しいような気もしています。

とはいえ、同じフォルダに書き込みができる場合はそこに書き込み、書き込めなければ%LOCALAPPDATA%配下に書き込むっていうのはアリでしょうかね。

また、アンインストール時に設定ファイルが残る問題はアンインストーラー側で対処できそうではあります。。。

この辺りは過去の経緯もあり簡単に変えられない側面もありますので、ご提案のオプションも含めて要検討ということでお願いします。
※実装は簡単ですが一度つけると外せないので・・・

Re:CrystalDiskMark30.ini の位置
←back ↑menu ↑top forward→
 昔からのユーザー  - 12/10/2(火) 0:06 -

引用なし
パスワード
   お忙しい中ご返信ありがとうございます

上にも書かせてもらいました通り
この件はソフト本体の動作とは直接関係もなくしかも個人的な好みという理由での提案ですので
検討して頂けるのであればそれで十分です
とりあえずあまりひよひよさんのお手を煩わせるのも恐縮ですので
自力でソースを修正して評価版等を使ってビルドできるかどうか試してみたいと思います

それでは今後ともよろしくお願いします

Re:CrystalDiskMark30.ini の位置
←back ↑menu ↑top forward→
 昔からのユーザー  - 12/10/28(日) 23:19 -

引用なし
パスワード
   ひよひよ様

CrystalDiskMark 3.0.2で上記希望に沿った仕様変更をして下さいまして
どうもありがとうございます

手元のWin7 SP1 x64およびWin8 x64のPCで
CrystalDiskMark 3.0.2のDiskMark[X64].exeを実行した場合に
DiskMark[X64].exeのあるフォルダに実行ユーザーの書き込み権限がある場合は
XPのようなNT5系Winの場合と同じように
DiskMark[X64].exeのあるフォルダ内にDiskMark[X64].iniが作成されて
次回起動時以降もそれが使用されることを確認しました

ソースを拝見させて頂きましたところ
NT6系Winの場合はWritePrivateProfileStringで
DiskMark[X64].exeのあるフォルダ内のDiskMark[X64].iniに対して

[Setting]
WriteCheck=0

の項目が書き込める場合はそのままDiskMark[X64].iniを作成して使用し
できない場合は従来通り%LOCALAPPDATA%にCrystalDiskMark30.iniを作成して使用する
ということみたいですね
参考になりました

この件では結局ひよひよさんのお手を煩わせてしまうことになってしまい
申し訳ありませんでした
これからもCrystalシリーズを愛用させて頂きたいと思っておりますので
今後ともどうぞよろしくお願い致します

それでは失礼します
<sage>

Re:CrystalDiskMark30.ini の位置
←back ↑menu ↑top forward→
 ひよひよ  - 12/10/28(日) 23:32 -

引用なし
パスワード
   ▼昔からのユーザーさん:
>ひよひよ様
>
>CrystalDiskMark 3.0.2で上記希望に沿った仕様変更をして下さいまして
>どうもありがとうございます
どういたしまして。
USB メモリなどで持ち運ぶことを考えると前回の対応法は不適切だったなと。Program Files 配下に保存された場合の処理としては妥当だったと思いますが。

>手元のWin7 SP1 x64およびWin8 x64のPCで
>CrystalDiskMark 3.0.2のDiskMark[X64].exeを実行した場合に
>DiskMark[X64].exeのあるフォルダに実行ユーザーの書き込み権限がある場合は
>XPのようなNT5系Winの場合と同じように
>DiskMark[X64].exeのあるフォルダ内にDiskMark[X64].iniが作成されて
>次回起動時以降もそれが使用されることを確認しました
>
>ソースを拝見させて頂きましたところ
>NT6系Winの場合はWritePrivateProfileStringで
>DiskMark[X64].exeのあるフォルダ内のDiskMark[X64].iniに対して
>
>[Setting]
>WriteCheck=0
>
>の項目が書き込める場合はそのままDiskMark[X64].iniを作成して使用し
>できない場合は従来通り%LOCALAPPDATA%にCrystalDiskMark30.iniを作成して使用する
>ということみたいですね
>参考になりました
色々考えたのですが、書き込み出来るかどうかは書いてみないとわからないwww
%LOCALAPPDATA% に CrystalDiskMark 用のフォルダを作成してそこに ini ファイルを保存した方が良かったのかなとも思いましたが、過去の経緯も考慮し今回はそのままにしました。
まぁ、今度のメジャーバージョンアップで対応でしょうか。いつになるかわかりませんが。

>この件では結局ひよひよさんのお手を煩わせてしまうことになってしまい
>申し訳ありませんでした
>これからもCrystalシリーズを愛用させて頂きたいと思っておりますので
>今後ともどうぞよろしくお願い致します
はい、ありがとうございます。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

9 / 23 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
28265
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free