2010/8/22:本掲示板は閲覧専用です。データが一部破損しておりますがご了承ください。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
2 / 332 ツリー ←次へ | 前へ→

SMART取得方法について よかせ 10/1/5(火) 18:22 [添付]

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode よかせ 10/1/30(土) 14:31
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode ひよひよ 10/1/30(土) 16:08 [添付]
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode ひよひよ 10/1/30(土) 16:22
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode よかせ 10/1/31(日) 21:05
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode EMO 10/1/31(日) 23:28
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode よかせ 10/2/2(火) 22:45
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode EMO 10/2/3(水) 10:57
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode よかせ 10/2/4(木) 0:55
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode EMO 10/2/4(木) 15:35
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode よかせ 10/2/8(月) 21:58
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode EMO 10/2/10(水) 1:25
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode ひよひよ 10/2/1(月) 9:42
Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode よかせ 10/2/2(火) 22:54
Re:HDDの回転数 眠り猫 10/2/5(金) 0:37
Re:HDDの回転数 よかせ 10/2/8(月) 22:18
Re:HDDの回転数 眠り猫 10/2/8(月) 22:39

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 よかせ  - 10/1/30(土) 14:31 -

引用なし
パスワード
   ATAのコマンドのSMART READ DATAの結果が取れるカスタムControlCodeの存在は掴めませんでした。

SiliconImageのRAIDツール(InstallSATARaid_v10027.ZIP)のDeviceIoControlをキャプチャして見ると、
SMART関係は "SMART RETURN STATUS" しか使っていないようで、
しかもそれはカスタムControlCodeではなく、一般的な、
#define IOCTL_SCSI_MINIPORT_RETURN_STATUS           ((FILE_DEVICE_SCSI << 16) + 0x0506)
を使っていました。

SiliconImageのツールの表示では、
Status Threshold : OK
だけの表示なので、彼らにとってはSMART READ DATAまで立ち入る必要がないのかもしれません。

なお、0x802以外のカスタムControlCodeは、送受信しているバイナリ列を見て想像するに
0x800 Ide Management Version取得
0x801 SATAコントローラチップの型番やIRQ、PCIバス番号等の取得
0x803 内容みてもわからず
0x807 HDDのキャッシュenable/disable設定変更
0x808 内容みてもわからず
のようでした。

0x802のIDENTIFY DEVICEをする前に、
0x800でバージョンチェックをしたほうがよさそうです。

0x800は↓のような感じになります。
#pragma pack(push, 1)
typedef struct {
SRB_IO_CONTROL sic ;
USHORT major_version ;
USHORT minor_version ;
} SilIdeManagementVer ;
#pragma pack(pop)

SilIdeManagementVer smv ;
memset(&smv, 0, sizeof(smv)) ;
smv.sic.HeaderLength = sizeof(SRB_IO_CONTROL) ;
memcpy(smv.sic.Signature, "CMD_IDE ", 8);
smv.sic.Timeout = 5 ;
smv.sic.ControlCode = CTL_CODE(FILE_DEVICE_CONTROLLER, 0x800, METHOD_BUFFERED, FILE_ANY_ACCESS) ;
smv.sic.ReturnCode = 0xffffffff ;
smv.sic.Length = sizeof(smv) - offsetof(SilIdeManagementVer, major_version) ;
smv.major_version = 0xff ;
smv.minor_version = 0xff ;

DWORD dwReturnBytes ;
if(DeviceIoControl(hDrive, IOCTL_SCSI_MINIPORT, &smv, sizeof(smv), &smv, sizeof(smv), &dwReturnBytes, NULL)) {
printf("Silicon Image Ide Management Version = %d.%d\n", smv.major_version, smv.minor_version) ;
}

----
別の話題になりますが、
HDDのアクセスタイミングから回転数を推定できそうな気がしたので、
冗談のつもりでやってみたら、そこそこの結果が得られたので、
先日、某巨大掲示板のとあるスレにて↓としてお披露目してみました。
http://www.ne.jp/asahi/zero/eight/junk/HddRpmEst01.zip
一部問題があるものの、そこそこ良い感じの値が取れているようです。

HDDに問い合わせて得られる情報を表示するのではないので、
DiskInfoの方向性とは違うとは思いますが・・・。
<sage>

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 ひよひよ  - 10/1/30(土) 16:08 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : HDD回転数推定.png
・サイズ : 31.2KB
   ▼よかせさん:
>ATAのコマンドのSMART READ DATAの結果が取れるカスタムControlCodeの存在は掴めませんでした。
>SiliconImageのRAIDツール(InstallSATARaid_v10027.ZIP)のDeviceIoControlをキャプチャして見ると、
>SMART関係は "SMART RETURN STATUS" しか使っていないようで、
>しかもそれはカスタムControlCodeではなく、一般的な、
>#define IOCTL_SCSI_MINIPORT_RETURN_STATUS           ((FILE_DEVICE_SCSI << 16) + 0x0506)
>を使っていました。
ご回答ありがとうございました。
となると IDENTIFY_DEVICE を Silicon Image コマンドで取得しつつ、S.M.A.R.T. は WMI 経由で取得するというのが現実的ですね。

>SiliconImageのツールの表示では、
>Status Threshold : OK
>だけの表示なので、彼らにとってはSMART READ DATAまで立ち入る必要がないのかもしれません。
確かにシンプルなツールですしねぇ。

>なお、0x802以外のカスタムControlCodeは、送受信しているバイナリ列を見て想像するに
>0x800 Ide Management Version取得
>0x801 SATAコントローラチップの型番やIRQ、PCIバス番号等の取得
>0x803 内容みてもわからず
>0x807 HDDのキャッシュenable/disable設定変更
>0x808 内容みてもわからず
>のようでした。
おっと、そんなところまでわかりますか。さすがです。

>0x802のIDENTIFY DEVICEをする前に、
>0x800でバージョンチェックをしたほうがよさそうです。
>
>0x800は↓のような感じになります。
>#pragma pack(push, 1)
>typedef struct {
> SRB_IO_CONTROL sic ;
> USHORT major_version ;
> USHORT minor_version ;
>} SilIdeManagementVer ;
>#pragma pack(pop)
コマンドごとに構造体もやっぱり異なるんですねぇ。汎用的な何かを使っているのだとばかり思っていました。

>----
>別の話題になりますが、
>HDDのアクセスタイミングから回転数を推定できそうな気がしたので、
>冗談のつもりでやってみたら、そこそこの結果が得られたので、
>先日、某巨大掲示板のとあるスレにて↓としてお披露目してみました。
>http://www.ne.jp/asahi/zero/eight/junk/HddRpmEst01.zip
>一部問題があるものの、そこそこ良い感じの値が取れているようです。
おぉ〜〜うちの HDD ではバッチリ 5400rpm が得られました。これは面白いですねぇ〜。が、結果表示はちょっとバグってるかも。浮動小数点の下x桁まで延々と表示されてます。

>HDDに問い合わせて得られる情報を表示するのではないので、
>DiskInfoの方向性とは違うとは思いますが・・・。
回転数情報を返してくれない HDD はまだまだありますし、HDD の回転数は、4200, 5400, 5900, 7200, 10000?, 150000 ぐらいしかないので適当にマッチングさせればそれっぽい表示はできそうですね。

ところで、よかせさんの Web ページはありますか?もしあれば教えていただきたいなと。

添付画像
【HDD回転数推定.png : 31.2KB】

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 ひよひよ  - 10/1/30(土) 16:22 -

引用なし
パスワード
   もう一回試したらちゃんと結果が出ました。
かなりいいんじゃないですかね。このソフト。面白いです。

====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : SAMSUNG HD154UI S1XJJ1LS401465      
回転数(推定)     : 5447 rpm
平均アクセスタイム  : 16.9 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 11.8 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained 112.4 MB/s / burst 135.3 MB/s =  83.1 %
転送速度(外周,最大)  : sustained 112.4 MB/s / burst 135.4 MB/s =  83.0 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  51.5 MB/s / burst  61.8 MB/s =  83.3 %
転送速度(内周,最小)  : sustained  51.3 MB/s / burst  61.7 MB/s =  83.1 %
内外周速度比     : sustained  45.6 %  / burst  45.6 %
------------------------------------------------------------------------------

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 よかせ  - 10/1/31(日) 21:05 -

引用なし
パスワード
   ▼ひよひよさん:
> おっと、そんなところまでわかりますか。

ヤッツケ品質ですがDeviceIoControlをダンプするソースいります?

>おぉ〜〜うちの HDD ではバッチリ 5400rpm が得られました。これは面白いですねぇ〜。が、結果表示はちょっとバグってるかも。浮動小数点の下x桁まで延々と表示されてます。

すみません、エラーチェックを端折りすぎてしまいました。

>>HDDに問い合わせて得られる情報を表示するのではないので、
>>DiskInfoの方向性とは違うとは思いますが・・・。
>回転数情報を返してくれない HDD はまだまだありますし、HDD の回転数は、4200, 5400, 5900, 7200, 10000?, 150000 ぐらいしかないので適当にマッチングさせればそれっぽい表示はできそうですね。

あらかじめ想定した回転数の中から近いものを選ぶのなら、1秒くらいで判定できるような気がします。十分に安定したら連絡します。

>ところで、よかせさんの Web ページはありますか?

あることにはあるんですが、内容がほとんどないのと10年くらい前から放置しっぱなしなので恥ずかしいので、すみませんが、ないということにさせてください。
<sage>

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 EMO E-MAIL  - 10/1/31(日) 23:28 -

引用なし
パスワード
   このツール、すごく面白いですね。手許の2.5インチHDDで試したところ、どれもほぼ正確に出ます。一応、結果を下に貼ります。

ちなみに、トラック間で転送が途切れる時間を生の数字で見れたりしますか? 個人的に、トラック間の切り替え時間と記録面間の切り替え時間が、実際にどうなっているのかに興味がありまして。開発されている方向とは違いそうなので、聞き流してくださっても全然構いませんが……

====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : WDC WD2500BEVS-08UST0
回転数(推定)     : 5393 rpm
平均アクセスタイム  : 17.0 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 11.4 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained  56.2 MB/s / burst  63.7 MB/s =  88.2 %
転送速度(外周,最大)  : sustained  59.1 MB/s / burst  67.0 MB/s =  88.2 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  29.5 MB/s / burst  33.5 MB/s =  88.1 %
転送速度(内周,最小)  : sustained  28.7 MB/s / burst  32.5 MB/s =  88.3 %
内外周速度比     : sustained  48.6 %  / burst  48.5 %
------------------------------------------------------------------------------

====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : Hitachi HTS545050B9A300 39303230383242503434303037
回転数(推定)     : 5382 rpm
平均アクセスタイム  : 18.1 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 11.5 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained  89.3 MB/s / burst 103.0 MB/s =  86.7 %
転送速度(外周,最大)  : sustained  91.0 MB/s / burst 104.9 MB/s =  86.7 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  42.3 MB/s / burst  48.7 MB/s =  86.9 %
転送速度(内周,最小)  : sustained  41.5 MB/s / burst  47.8 MB/s =  86.8 %
内外周速度比     : sustained  45.6 %  / burst  45.6 %
------------------------------------------------------------------------------

====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : ST91608220AS
回転数(推定)     : 5404 rpm
平均アクセスタイム  : 15.3 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 10.7 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained  47.7 MB/s / burst  54.5 MB/s =  87.5 %
転送速度(外周,最大)  : sustained  48.9 MB/s / burst  55.8 MB/s =  87.6 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  23.9 MB/s / burst  27.3 MB/s =  87.5 %
転送速度(内周,最小)  : sustained  23.7 MB/s / burst  27.1 MB/s =  87.5 %
内外周速度比     : sustained  48.5 %  / burst  48.6 %
------------------------------------------------------------------------------

====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : IC25N080ATMR04-0
回転数(推定)     : 4208 rpm
平均アクセスタイム  : 18.0 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 13.5 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained  28.4 MB/s / burst  31.1 MB/s =  91.3 %
転送速度(外周,最大)  : sustained  30.3 MB/s / burst  33.2 MB/s =  91.3 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  14.8 MB/s / burst  16.2 MB/s =  91.4 %
転送速度(内周,最小)  : sustained  14.5 MB/s / burst  15.8 MB/s =  91.8 %
内外周速度比     : sustained  47.9 %  / burst  47.6 %
------------------------------------------------------------------------------

====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : HTC426060G9AT00
回転数(推定)     : 4210 rpm
平均アクセスタイム  : 20.6 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 14.8 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained  23.5 MB/s / burst  25.9 MB/s =  90.7 %
転送速度(外周,最大)  : sustained  23.6 MB/s / burst  25.9 MB/s =  91.1 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  12.2 MB/s / burst  13.4 MB/s =  91.0 %
転送速度(内周,最小)  : sustained  12.2 MB/s / burst  13.4 MB/s =  91.0 %
内外周速度比     : sustained  51.7 %  / burst  51.7 %
------------------------------------------------------------------------------

====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : HITACHI_DK14FA-20B
回転数(推定)     : 4193 rpm
平均アクセスタイム  : 20.6 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 14.9 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained  20.5 MB/s / burst  22.3 MB/s =  91.9 %
転送速度(外周,最大)  : sustained  20.5 MB/s / burst  22.3 MB/s =  91.9 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  11.2 MB/s / burst  12.3 MB/s =  91.1 %
転送速度(内周,最小)  : sustained   9.1 MB/s / burst  12.3 MB/s =  74.0 %
内外周速度比     : sustained  44.4 %  / burst  55.2 %
------------------------------------------------------------------------------

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 ひよひよ  - 10/2/1(月) 9:42 -

引用なし
パスワード
   ▼よかせさん:
>▼ひよひよさん:
>> おっと、そんなところまでわかりますか。
>ヤッツケ品質ですがDeviceIoControlをダンプするソースいります?
ちょ〜〜〜〜欲しいです。
これから勉強するつもりではありますが、最初の一歩からして不安なので。

>>おぉ〜〜うちの HDD ではバッチリ 5400rpm が得られました。これは面白いですねぇ〜。が、結果表示はちょっとバグってるかも。浮動小数点の下x桁まで延々と表示されてます。
>すみません、エラーチェックを端折りすぎてしまいました。
次に直せば大丈夫かと。

>>>HDDに問い合わせて得られる情報を表示するのではないので、
>>>DiskInfoの方向性とは違うとは思いますが・・・。
>>回転数情報を返してくれない HDD はまだまだありますし、HDD の回転数は、4200, 5400, 5900, 7200, 10000?, 150000 ぐらいしかないので適当にマッチングさせればそれっぽい表示はできそうですね。
>
>あらかじめ想定した回転数の中から近いものを選ぶのなら、1秒くらいで判定できるような気がします。十分に安定したら連絡します。
ぜひお願いします。

>>ところで、よかせさんの Web ページはありますか?
>あることにはあるんですが、内容がほとんどないのと10年くらい前から放置しっぱなしなので恥ずかしいので、すみませんが、ないということにさせてください。
残念。

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 よかせ  - 10/2/2(火) 22:45 -

引用なし
パスワード
   ▼EMOさん:
>ちなみに、トラック間で転送が途切れる時間を生の数字で見れたりしますか?

それを表示する機能は持たせていないのですが、
(60/rpm値) * (burst/sustained - 1)
で逆算できます。

たとえば、
回転数(推定)     : 5393 rpm
転送速度(外周,平均)  : sustained 56.2 MB/s / burst 63.7 MB/s = 88.2 %
の場合、
(60/5393) * (63.7/56.2-1) * 1000 = 1.49ミリ秒
くらいです。

> トラック間の切り替え時間と記録面間の切り替え時間が、実際にどうなっているのか

それらを調べるのは私には難しくて出来ません。
シーケンシャルに読むときの転送の途切れる時間は、HDDのメカが正常に動作している限り、工場での物理フォーマットによって設けられたトラック間のスキューで決まるようです。
<sage>

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 よかせ  - 10/2/2(火) 22:54 -

引用なし
パスワード
   DeviceIoControlをダンプするソース、ひよひよさんに直接メールしました。ご確認ください。
(他の方には見せたくないくらい雑なソースなので)
<sage>

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 EMO E-MAIL  - 10/2/3(水) 10:57 -

引用なし
パスワード
   ▼よかせさん:
>>ちなみに、トラック間で転送が途切れる時間を生の数字で見れたりしますか?
>
>それを表示する機能は持たせていないのですが、
>(60/rpm値) * (burst/sustained - 1)
>で逆算できます。

ありがとうございます。自分でも式を立ててみて理解しました。

>> トラック間の切り替え時間と記録面間の切り替え時間が、実際にどうなっているのか
>
>それらを調べるのは私には難しくて出来ません。

この点については、記録面が一つしかないHDDと、複数あるHDD(同じ機種の容量違い)でトラック間の移動時間に差があるかどうかで、同じ記録面上のトラックへの移動時間と、違う記録面上のトラックへの移動時間に差があるかどうか分かるのではないかと思ってたりします。

その関係で、よろしければもう一つ教えていただきたいのですが、sustainedの場合はどれぐらいの数のトラックをまたがった場合の平均と考えればよいのでしょうか? 4〜6は軽く越えるでしょうか? 言い換えれば、計測の際にどのぐらいの容量の領域を対象にしているかということなのですが(2.5インチの場合、最近の機種では、最外周で1トラックが1MB弱程度になります)。

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 よかせ  - 10/2/4(木) 0:55 -

引用なし
パスワード
   ▼EMOさん:
> sustainedの場合はどれぐらいの数のトラックをまたがった場合の平均と考えればよいのでしょうか? 4〜6は軽く越えるでしょうか? 言い換えれば、計測の際にどのぐらいの容量の領域を対象にしているかということなのですが

数千〜5千トラックの平均値を表示しています。
しかし、表示の桁数に十分なほどは収束しないHDDがあります。

メーカーや世代によって物理フォーマットが違うようで、ZBRのゾーン内の1トラックあたりのセクタ数が一定のHDDと、そうではないHDDがあるようです。一定ではない場合にも色々あって、スペアセクタのためにユーザーに見えるセクタ数が少ないトラックが一定間隔で混じっているものや、ゾーン内を細かく区切って書き込み周波数を変えている(=1トラックのセクタ数が異なる)ものがあるようです。

HDDの物理フォーマットがどうなっているのか、これ以上の詳しい話は、HDDメーカーの出している技術資料をあたってください。
<sage>

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 EMO E-MAIL  - 10/2/4(木) 15:35 -

引用なし
パスワード
   ▼よかせさん:
>数千〜5千トラックの平均値を表示しています。
>しかし、表示の桁数に十分なほどは収束しないHDDがあります。

回答ありがとうございます。

>メーカーや世代によって物理フォーマットが違うようで、ZBRのゾーン内の1トラックあたりのセクタ数が一定のHDDと、そうではないHDDがあるようです。一定ではない場合にも色々あって、スペアセクタのためにユーザーに見えるセクタ数が少ないトラックが一定間隔で混じっているものや、ゾーン内を細かく区切って書き込み周波数を変えている(=1トラックのセクタ数が異なる)ものがあるようです。

そういうのもあるんですね。初めて聞きました。

>HDDの物理フォーマットがどうなっているのか、これ以上の詳しい話は、HDDメーカーの出している技術資料をあたってください。

了解しました。
ただ、これは愚痴ですが、実際のハードディスクに関しては、NDAを結んだ企業ならいざ知らず、一般の個人が読める資料は極めて限られているので、普通のユーザーが知っている知識は現在実際に使われている技術から激しく遅れているのではないかと思ってたりします。

いずれにしても、お付き合いいただきありがとうございました。

Re:HDDの回転数
←back ↑menu ↑top forward→
 眠り猫  - 10/2/5(金) 0:37 -

引用なし
パスワード
   >別の話題になりますが、
>先日、某巨大掲示板のとあるスレにて↓としてお披露目してみました。
>http://www.ne.jp/asahi/zero/eight/junk/HddRpmEst01.zip
>一部問題があるものの、そこそこ良い感じの値が取れているようです。

外付けを色々試してみましたが・・・・・
私の場合、
東芝、dynabook Satellite T20 140C/5の PST201MC5SS3LE にRAMを512MB加えて使っています。
<a href="http://dynabook.com/pc/catalog/support/search/user【URL短縮沸:C-BOARD】N target="_blank" title="http://dynabook.com/pc/catalog/support/search/user【URL短縮沸:C-BOARD】N【URL短縮沸:C-BOARD】N</a>

外付けHDDが2〜3台程度の場合は回転数を読んでくれる様です
ですが、6台、7台などと増やしていくと、失敗ばかりになります。

これの原因は
・コンピュータ本体の能力ですか?
それとも
・USBやIEEE1394接続の場合は、接続台数などに何か制限が有るのでしょうか?


-↓-途中経過----------------------------------------------------------------------
対象 : PHYSICALDRIVE2 (WDC WD15EADS-00P8B0     )

まずはウォーミングアップ  : ok.
外周sustained速度(低精度) :   43 MB/s
平均アクセスタイム(全体)  : 15.8 msec
平均アクセスタイム(頭10%) : 11.6 msec
内周sustained速度(低精度) :   40 MB/s

回転数の推定(外周を使って)--->
  1/ 15回目: 失敗  (step= 29)
  2/ 15回目:  6339 rpm  (step= 30, acc=0.11, burst= 20.5( 20.6), sustained= 19.1( 20.3))
  3/ 15回目:  4708 rpm  (step= 31, acc=0.13, burst= 21.2( 21.2), sustained= 19.0( 20.4))
  4/ 15回目: 失敗  (step= 32)
  5/ 15回目:  3961 rpm  (step= 33, acc=0.16, burst= 22.5( 22.6), sustained= 22.2( 22.4))
  6/ 15回目:  3898 rpm  (step= 34, acc=0.19, burst= 23.2( 23.2), sustained= 19.6( 20.4))
  7/ 15回目:  6036 rpm  (step= 35, acc=0.11, burst= 23.9( 23.9), sustained= 20.2( 20.9))
  8/ 15回目:  3839 rpm  (step= 36, acc=0.16, burst= 24.5( 24.6), sustained= 23.8( 24.4))
  9/ 15回目: 失敗  (step= 37)
10/ 15回目:  3925 rpm  (step= 38, acc=0.12, burst= 25.9( 26.0), sustained= 25.5( 25.8))
11/ 15回目:  5713 rpm  (step= 39, acc=0.11, burst= 26.6( 26.6), sustained= 17.1( 17.1))
12/ 15回目:  4545 rpm  (step= 40, acc=0.14, burst= 27.3( 27.3), sustained= 25.8( 27.2))
13/ 15回目:  3990 rpm  (step= 41, acc=0.18, burst= 28.0( 28.1), sustained= 27.2( 27.9))
14/ 15回目:  3948 rpm  (step= 42, acc=0.12, burst= 28.7( 28.7), sustained= 27.9( 28.5))
15/ 15回目:  3955 rpm  (step= 43, acc=0.16, burst= 29.3( 29.5), sustained= 28.9( 29.4))
単純平均   :     0 rpm

回転数の推定(内周を使って)--->
  1/ 13回目:  3999 rpm  (step= 27, acc=0.14, burst= 18.5( 18.7), sustained= 18.1( 18.4))
  2/ 13回目:  3989 rpm  (step= 28, acc=0.18, burst= 19.1( 19.2), sustained= 18.7( 19.0))
  3/ 13回目:  3985 rpm  (step= 29, acc=0.12, burst= 19.8( 19.8), sustained= 19.3( 19.7))
  4/ 13回目:  4034 rpm  (step= 30, acc=0.13, burst= 20.5( 20.5), sustained= 20.0( 20.4))
  5/ 13回目:  5313 rpm  (step= 31, acc=0.11, burst= 21.1( 21.2), sustained= 20.8( 20.9))
  6/ 13回目:  3974 rpm  (step= 32, acc=0.17, burst= 21.8( 21.9), sustained= 21.4( 21.8))
  7/ 13回目:  3947 rpm  (step= 33, acc=0.20, burst= 22.5( 22.6), sustained= 21.6( 22.5))
  8/ 13回目:  3879 rpm  (step= 34, acc=0.13, burst= 23.2( 23.3), sustained= 22.5( 23.1))
  9/ 13回目:  3952 rpm  (step= 35, acc=0.20, burst= 23.9( 23.9), sustained= 23.4( 23.8))
10/ 13回目:  3848 rpm  (step= 36, acc=0.17, burst= 24.5( 24.6), sustained= 23.6( 24.4))
11/ 13回目:  6152 rpm  (step= 37, acc=0.08, burst= 25.3( 25.3), sustained= 20.7( 21.8))
12/ 13回目:  4049 rpm  (step= 38, acc=0.17, burst= 25.9( 26.0), sustained= 25.6( 25.8))
13/ 13回目:  6671 rpm  (step= 39, acc=0.08, burst= 26.6( 26.6), sustained= 17.0( 17.0))
単純平均   :  4446 rpm
acc加重平均:  4259 rpm
たぶん中央 :  4055 rpm
burst      :  22.5 (typ.) /  18.5 (min.)
sustained  :  20.9 (typ.) /  17.0 (min.)
ratio      :  92.9 %      /  91.9 %
終了
-↑-途中経過-----------------------------------------------------------------------


====== HddRpmEst v0.1 === 結果レポート =======================================
対象 HDD       : WDC WD15EADS-00P8B0    
回転数(推定)     : 2027 rpm
平均アクセスタイム  : 15.8 ミリ秒
同上(頭10%の領域)   : 11.6 ミリ秒
転送速度(外周,平均)  : sustained   0.0 MB/s / burst 29221620849060134000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000.0 MB/s =   0.0 %
転送速度(外周,最大)  : sustained   0.0 MB/s / burst   0.0 MB/s =   0.0 %
転送速度(内周,平均)  : sustained  20.9 MB/s / burst  22.5 MB/s =  92.9 %
転送速度(内周,最小)  : sustained  17.0 MB/s / burst  18.5 MB/s =  91.9 %
内外周速度比     : sustained   1.$ %  / burst   1.$ %
------------------------------------------------------------------------------
<sage>

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 よかせ  - 10/2/8(月) 21:58 -

引用なし
パスワード
   富士通のSCSI HDDのマニュアルには、内部フォーマットの説明が含まれています。
Googleで C141-E270-01EN を検索してみてください。MBA3300xxのマニュアルがヒットすると思います。
(東芝に事業譲渡されたので、いつまで富士通のWebサーバにファイルが残っているのか、わかりませんが。)
<sage>

Re:HDDの回転数
←back ↑menu ↑top forward→
 よかせ  - 10/2/8(月) 22:18 -

引用なし
パスワード
   ▼眠り猫さん:
>外付けHDDが2〜3台程度の場合は回転数を読んでくれる様です
>ですが、6台、7台などと増やしていくと、失敗ばかりになります。
>
>これの原因は
>・コンピュータ本体の能力ですか?
>それとも
>・USBやIEEE1394接続の場合は、接続台数などに何か制限が有るのでしょうか?

とくに制限は設けていませんが、接続台数が増える(USB-HUBを経由する)とUSBの使える帯域が減ったり遅延が大きくなっているのかもしれません。このプログラムはタイミングにシビアなので、データ転送が少しでも遅れたり揺らいだりすると具合が悪くなります。

ひよひよさんの掲示板で私のプログラムのバグレポートを受けるのは良くないので、ここではなく2chの下記のスレッドのほうにお願いします。
ttp://pc11.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1264431675/
ただし、ここの掲示板から来たという話はしないでください。
また、2chのスレッドも個人のソフトのためのバグレポート場所ではないので、そのことに気をつけて書き込みをしてください。
2chのスレッドには、ごくたまにしか書き込みをしませんが、バグ修正の参考にはしています。
よろしくお願いします。
<sage>

Re:HDDの回転数
←back ↑menu ↑top forward→
 眠り猫  - 10/2/8(月) 22:39 -

引用なし
パスワード
   ▼よかせさん:
>とくに制限は設けていませんが、接続台数が増える(USB-HUBを経由する)とUSBの使える帯域が減ったり遅延が大きくなっているのかもしれません。このプログラムはタイミングにシビアなので、データ転送が少しでも遅れたり揺らいだりすると具合が悪くなります。

そうですか。
そうなのでしたら、経由するHUBの個数でも何か変わるかもしれないですね。

>ひよひよさんの掲示板で私のプログラムのバグレポートを受けるのは良くないので、ここではなく2chの下記のスレッドのほうにお願いします。
>ttp://pc11.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1264431675/

了解。
色々試してみてから書き込みます。
<sage>

Re:S.M.A.R.T. 取得用 ControlCode
←back ↑menu ↑top forward→
 EMO E-MAIL  - 10/2/10(水) 1:25 -

引用なし
パスワード
   ▼よかせさん:
>富士通のSCSI HDDのマニュアルには、内部フォーマットの説明が含まれています。

これは、わざわざありがとうございます。早速見てみます。

2 / 332 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
95860
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free