CrystalDiskMarkに関することなら何でもOKの掲示板です。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
29 / 72 ←次へ | 前へ→

Re:CrystalDiskMark30.ini の位置
←back ↑menu ↑top forward→
 昔からのユーザー  - 12/9/30(日) 18:50 -

引用なし
パスワード
   Crystalシリーズのソフトには昔からお世話になってます
どうもありがとうございます&1000万ヒットおめでとうございます

古いスレッドに要望レスつけてすみませんが
DiskMark3をVista以降のNT6系Winで使った場合でもXPのようなNT5系Winと同じように
設定ファイルをDiskMark[X64].exeと同じフォルダ内に保存して使うようにすることは
できないでしょうか?

プログラムの知識があまりないので間違ってたらすみませんが
DiskMark.cppの60行目から76行目までの処理で
NT6系の場合はCrystalDiskMark30.iniを%LOCALAPPDATA%に
決め打ちで保存して使うようになっていると思うのですが
DiskInfoの方はそういう処理はなく
NT5系でもNT6系でもDiskInfo.exeと同じフォルダ内に
DiskInfo.iniが保存されるようになっていると思います

コメントから察するにUAC絡みの対策のようで
DiskInfoは常にシステム権限で動作するようなのでUAC絡みの対策は必要ない、
ということでしょうか?
ただ個人的には日頃ポータブル版をUAC絡みの問題とは無関係のフォルダで使っているので
DiskInfoの動作の方が好みです

あとインストーラ版も使ってみましたところ
DiskInfoはNT5系でもNT6系でも必ず
インストールしたフォルダ内に設定ファイルやログファイルが保存されるせいか
NT5系でもNT6系でもアンインストール時に設定ファイル等の削除の確認のメッセージが出て
完全に削除することができましたが
DiskMarkはNT6系だとインストールしたフォルダとは別の場所に設定ファイルが保存されるせいか
アンインストール時に%LOCALAPPDATA%\CrystalDiskMark30.iniの削除の確認メッセージが出ず
そのまま残ってしまうようです
(NT5系では設定ファイルの削除の確認メッセージが出て完全に削除できました)

途中で仕様を変えると混乱を招くおそれもあるでしょうし
ソフト本体の動作と直接関係ないこういう細かい点を気にする人も少数派と思いますので
たとえばNT6系でもNT5系と同じ動作をするようなコマンドラインオプションを
隠し機能的に設定して頂けるとありがたいです

int argc = 0;
LPWSTR *argv = CommandLineToArgvW(GetCommandLineW(), &argc);

if(argc > 1)
{
CString cstr;
cstr = argv[1];
if(cstr.CompareNoCase(_T("/NT5")) != 0)
{
//DiskMark.cppの60行目から76行目までの処理
}
}

みたいな感じでしょうか?
(DiskInfo.cppを見て足りない知識で適当に書いたので間違ってたらすみません)

お手数とは思いますが以上ご検討頂ければ幸いです

697 hits

CrystalDiskMark30.ini の位置 Ghost 11/3/14(月) 17:59
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 ひよひよ 11/3/14(月) 21:27
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 昔からのユーザー 12/9/30(日) 18:50
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 昔からのユーザー 12/9/30(日) 19:53
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 ひよひよ 12/10/1(月) 0:42
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 昔からのユーザー 12/10/2(火) 0:06
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 昔からのユーザー 12/10/28(日) 23:19
Re:CrystalDiskMark30.ini の位置 ひよひよ 12/10/28(日) 23:32

29 / 72 ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
ページ:  ┃  記事番号:   
27525
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free