CrystalDiskInfoやCrystalDiskMarkなどCrystal Dew World製品に関する総合掲示板です。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
3 / 184 ツリー    ←次へ | 前へ→

Inrel 545s/256GB:W10 に CDM6実行で、BSOD&Reboot発生。 金華山の仙人 18/4/9(月) 17:52 [添付][添付]

Firm関係以外に、原因は考えられないか? 金華山の仙人 18/4/22(日) 4:45

Firm関係以外に、原因は考えられないか?
 金華山の仙人  - 18/4/22(日) 4:45 -
Intelは調査待ち、販売店からはシカト状態なので、原因について、もうちょっと考察してみました。

                ◇

一応、私の一番の想定は、SSD内部の「論理セクター(NTFS操作)」と「物理セクター(SSD操作)」を、WLやGCの為に直リンクせずに、対応テーブル等で関連付けして管理してる筈なので、これがある特別(特殊?)な対応状態になった事が、まず発端になったのでは、と考えました。

この状態でも、マルチQueue「CDMランダム4K(Q32T1)」や、マルチThread「AS SSD (4K-64Thrd)」なら、正常動作するが、マルチQueue&マルチThread「ランダム4K(Q8T8)」時のみ、BSOD&rebootしてます。

なので特定条件な「論理/物理セクター対応tableデータ」に対して、「マルチQ&マルチT」な処理を実行すると、発生するバグではないか、というものです。

                ◇

これらはCDM以外で、自然にランダム4K(Q8T8)等の発生、及び、先の特別な「対応tableデータ」が揃わないと駄目なので、かなりの低確率の筈です。

ただ、そうなら「対応tableデータ」を抜き出して、Intelに提供すれば再現は結構簡単な筈です。


P.S
あとFirmware関連とすると、上記の特殊環境&処理で走るプログラム部分が、バグではなくて、プログラム書込み部分のNANDが壊れてる可能性も、ゼロではないかと。(但し、限りなくゼロに近い筈。)

P.S2
但し、もしバグが原因で且つSM2259以前のリファレンスFirm由来だったとしたら、下手をするとTLC対応した以降の全コントローラ(SM2256S/SM2258XT、SM2254/SM2256/SM2258/SM2259)に、存在してる事になります。

最近の廉価SSDだと、FirmUp手段が提供されてないのが殆どな為、どうするんでしょうね・・・・・。


--------------------------------------------◇---------------------------------------

で、次が今回の本番。

545sの購入理由の一つが、SM2259コンという、SATA3用SMIコンの最上位種を今現在だと唯一搭載してる、というのが有りました。

SM2258との違いは、外部DRAMにECC機能が付いただけ、なのですが、これは当然DRAMの高速化=コントローラ&Firmware処理の高速化、が目的の筈です。

                ◇

そうなると当たり前ですが、シュリンクしてない限り、消費電力のアップが発生します。

もしSMIのリファレンス基板の設計が、SM2259用に給電能力を増強しておらず、問題が発生する先の環境&条件での実行時に、想定以上の消費電力となれば、当然ながら処理に失敗します。

しかもそれは、その際だけの一時的現象なので、それ以外では問題無く動作してしまう、という大変分かりにくい事になります。

しかも、もしこれが原因だと、ハードを変更するか、Firmの修正で性能を落として、消費電力ピークを下げる、という、前者はメーカー大変、後者はユーザー大不満な対策しか在りません。

P.S
しかも後者は、最近のバグ対処で性能低下したCPUと同じ問題を、メーカーが抱え込む羽目になります。(値下げ?賠償?)

                 ◇

なんか書いてて少し怖くなってきました。単なるバグ修正(しかもSM2259独自部分)だと良いなあ・・・・・。

引用なし

パスワード


・ツリー全体表示

3 / 184 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 61251
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3