メイン画面

メイン画面

ベンチマークテストの始め方

1. テスト回数、テストサイズ、テストドライブを選択します。

2. All (もしくは "Seq Q32T1", "4K Q32T1", "Seq", "4K") ボタンをクリックするとベンチマークが始まります。

テストの種類

マルチキュー&スレッドテストにおけるキュー数およびスレッド数は "設定 > キュー & スレッド" メニューから変更可能です。

【参考】 DiskSpd の起動オプション (詳細は DiskSpd のマニュアルを参照ください)

QQQ: Number of queues, TTT: Number of threads, WWW: Read=0, Write=100

 

テスト時間及びウォーミングアップ時間(実質的には結果に反映しないテストを 1 回実施)は 5 秒となります。

テスト回数

1~9 回の範囲で選択してください。デフォルトは 5 回です。回数を増やすことで測定精度の向上が期待できますが、測定時間が長くなります。

テストサイズ

50MiB, 100MiB, 500MiB, 1GiB, 2GiB, 4GiB, 8GiB, 16GiB, 32GiB から選択してください。デフォルトは 1GiB です。

低速なディスク (USB メモリなど) の場合は、必要に応じて 100MiB などに変更してください。

テストドライブ

ベンチマークを行うドライブを選択します。ベンチマークを行うためには必ずドライブレターが必要です。ネットワークドライブなどを評価したい場合はドライブレターを割り当ててから CrystalDiskMark を起動してください。(ドライブレターの検出は起動時のみ行います。)