CrystalDiskInfoやCrystalDiskMarkなどCrystal Dew World製品に関する総合掲示板です。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
1 / 10 ページ    前へ→

<スレッド一覧>
LSI SAS 9211-8iの動作報告[1]  /  DiskInfo 7.7.0で外付けH...[4]  /  Inrel 545s/256GB:W10 に...[28]  /  タスクトレイの表示[2]  /  Info761,Mark601から突然...[1]  /  JMicronコントローラ用SM...[26]  /  HDD/SSDスタンド 動作報告[0]  /  CDI における SK hynix S...[4]  /  外付け HDD 動作報告[1]  /  CrystalMark 2004 ランキ...[2]  /  判別ツールの危険性[1]  /  Micron製SSDにおけるCDIの...[1]  /  KingFast MLC 2710DCS08-...[10]  /  Phisonコントローラ用SMA...[41]  /  次期CDMではpSLCキャッシ...[7]  /  CrystalDiskInfoのインス...[4]  /  Raidを組んでいると起動が...[1]  /  新バージョンはどこへ?[1]  /  CDIにて情報が正常に表示...[1]  /  外付け HDD 動作報告[1]  /  

LSI SAS 9211-8iの動作報告
 水蓮  - 18/10/2(火) 23:07 -
いつも使用させていただきありがとうございます。

LSIのHBAボードでSMART表示できましたので、ご報告致します。
StoregePool運用なので、RAID設定しておりません。
尚、「ATA_PASS_THROUGH」がONで表示されるようになりました。
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/10/3(水) 20:31 -
▼水蓮さん:
>LSIのHBAボードでSMART表示できましたので、ご報告致します。
>StoregePool運用なので、RAID設定しておりません。
>尚、「ATA_PASS_THROUGH」がONで表示されるようになりました。
ご連絡ありがとうございます。
パスワード



DiskInfo 7.7.0で外付けHDD(JMicron[JMS5...
 ミクロン  - 18/9/14(金) 4:14 -
CrystalDiskInfo 7.7.0に更新したのですが、
以下の構成でHDDを接続すると
イベントログに"UASPStor"の警告が出た後に
HDDのNTFSファイルシステムが破壊され
再フォーマットするまで使用不可能になってしまいます。

OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 17134] (x64)
■使用したHDDとケース
 ・HDD(IDE) :WDC WD5000AAKB-00H8A0
 ・HDDケース:GW3.5IDE+SATA/U3P/MB
  ※https://www.kuroutoshikou.com/product/case/35hdd/gw3_5ide_sata_u3p_mb/
  ※HDDケースのチップは
   JMicron[JMS567](USB<->SATAブリッジ)
    + JMicron[JMD330](SATA<->IDEブリッジ)
     + WDC WD5000AAKB-00H8A0(IDEのHDDドライブ)

■イベントログ(数回発生後、NTFSが破損してドライブにアクセスできなくなる)
 ----------------------------------------------------
 ログの名前: System
 ソース: UASPStor
 イベント ID: 129
 レベル: 警告
 説明: デバイス \Device\RaidPort4 にリセットが発行されました。
 ----------------------------------------------------


バックアップからHDDを復元して
CrystalDiskInfo 7.6.1までは問題なく使えるのですが
CrystalDiskInfo 7.7.0にするとやはりNTFSのファイルシステムが破損してしまいます。
※ただし、JMicron[JMD330](IDEブリッジ)を外して
 IDE-HDDではない別のSATA-HDDでSATA接続した場合はエラーは出ない(?)ようです。

CrystalDiskInfo 7.7.0でJMicron関連の修正が入ってるみたいですが
それが何か関係あると思うのですが・・・?

表示できないならまだしもファイルシステム破損とか怖すぎます。。。
とりあえず今は7.6.1に戻しています
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/9/14(金) 10:38 -
▼ミクロンさん:
>CrystalDiskInfo 7.7.0に更新したのですが、
>以下の構成でHDDを接続すると
>イベントログに"UASPStor"の警告が出た後に
>HDDのNTFSファイルシステムが破壊され
>再フォーマットするまで使用不可能になってしまいます。
致命的な不具合についてご連絡ありがとうございます。

CrystalDiskInfo 7.7.0 からUSB接続ストレージに対して、JMS583用、ASM2362用のベンダー固有コマンドを送る可能性があります。

USB接続ストレージ内部にアクセスする方法は変換チップごとに異なるため、既知のコマンドを順番に投げていく形となっております。7.7.0 で対応した JMS583もしくはASM2362用のベンダー固有コマンドのいずれかが悪さをしている(該当装置では別の意味で使用されている?)ものと思われます。

2点確認ですが、7.6.1では、
- IDE接続HDDの中身が見えていたでしょうか?
- SATA接続HDDの中身が見えていたでしょうか?

NVMe対応コマンドを送らないように、ブラックリストを作ってそこに追加する形で対応したいと思います。取り急ぎGW3.5IDE+SATA/U3P/MBを注文したので、届き次第検証し修正版をリリースいたします。
パスワード



 ミクロン  - 18/9/14(金) 14:16 -
▼ひよひよさん:
>2点確認ですが、7.6.1では、
>- IDE接続HDDの中身が見えていたでしょうか?

はい、7.6.1ではIDE接続HDDの中身もS.M.A.R.T.値も問題なく見えていました。

7.7.0にしたところDiskInfoに外付けHDDだけ急に表示されなくなったので
イベントログなど確認したら、"UASPStor"の警告が数回発生後に
"Ntfs (Ntfs)"エラーや"Disk"警告などが頻発していて
ファイルシステム破損になりました。

HDDをフォーマットし直して、7.6.1に戻すとHDDは普通に使えます。

>- SATA接続HDDの中身が見えていたでしょうか?
SATA接続HDDの場合は7.6.1、7.7.0ともに中身もS.M.A.R.T.値も問題なく見えていました


※補足:
DiskInfo7.6.1で取得した問題が発生したIDE接続のHDD情報
----------------------------------------------------------------------------
CrystalDiskInfo 7.6.1 Kurei Kei Edition x64 (C) 2008-2018 hiyohiyo
Crystal Dew World : https://crystalmark.info/
----------------------------------------------------------------------------

OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 17134] (x64)
Date : 2018/09/14 13:37:43

〜〜 省略 〜〜

----------------------------------------------------------------------------
(3) WDC WD5000AAKB-00H8A0
----------------------------------------------------------------------------
Model : WDC WD5000AAKB-00H8A0
Firmware : 05.04E05
Serial Number : ***************
Disk Size : 500.1 GB (8.4/137.4/500.1/500.1)
Buffer Size : 16384 KB
Queue Depth : 1
# of Sectors : 976773168
Rotation Rate : 不明
Interface : UASP (Serial ATA)
Major Version : ATA8-ACS
Minor Version : ----
Transfer Mode : ---- | SATA/150
Power On Hours : 3010 時間
Power On Count : 931 回
Temperature : 30 C (86 F)
Health Status : 正常
Features : S.M.A.R.T., AAM, 48bit LBA
APM Level : ----
AAM Level : 8080h [ON]
Drive Letter : G:

-- S.M.A.R.T. --------------------------------------------------------------
ID Cur Wor Thr RawValues(6) Attribute Name
01 200 200 _51 000000000000 リードエラーレート
03 166 160 _21 000000001232 スピンアップ時間
04 _99 _99 __0 0000000007C5 スタート/ストップ回数
05 200 200 140 000000000000 代替処理済のセクタ数
07 100 253 __0 000000000000 シークエラーレート
09 _96 _96 __0 000000000BC2 使用時間
0A 100 100 __0 000000000000 スピンアップ再試行回数
0B 100 100 __0 000000000000 キャリブレーション再試行回数
0C 100 100 __0 0000000003A3 電源投入回数
C0 200 200 __0 000000000057 電源断による磁気ヘッド退避回数
C1 200 200 __0 0000000007C5 ロード/アンロードサイクル回数
C2 117 _97 __0 00000000001E 温度
C4 200 200 __0 000000000000 セクタ代替処理発生回数
C5 200 200 __0 000000000000 代替処理保留中のセクタ数
C6 200 200 __0 000000000000 回復不可能セクタ数
C7 200 200 __0 000000000004 UltraDMA CRC エラー数
C8 200 200 __0 000000000000 ライトエラーレート
パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/9/17(月) 23:16 -
▼ミクロンさん:
>▼ひよひよさん:
>>2点確認ですが、7.6.1では、
>>- IDE接続HDDの中身が見えていたでしょうか?
>
>はい、7.6.1ではIDE接続HDDの中身もS.M.A.R.T.値も問題なく見えていました。
>
>7.7.0にしたところDiskInfoに外付けHDDだけ急に表示されなくなったので
>イベントログなど確認したら、"UASPStor"の警告が数回発生後に
>"Ntfs (Ntfs)"エラーや"Disk"警告などが頻発していて
>ファイルシステム破損になりました。
>
>HDDをフォーマットし直して、7.6.1に戻すとHDDは普通に使えます。
>
>>- SATA接続HDDの中身が見えていたでしょうか?
>SATA接続HDDの場合は7.6.1、7.7.0ともに中身もS.M.A.R.T.値も問題なく見えていました

実機を購入して確認しました。
私の環境ではファイルシステムの破損などの問題は発生しませんでしたが、7.7.0 では、PATA接続の場合認識することができませんでした。どうやら、sATA⇔PATAブリッジチップが、IDENTIFY_DEVICEコマンドの応答が標準には準拠していないことが原因でした。
7.7.0 では、IDENTIFY_DEVICEの内容チェックを追加したのですが、標準に準拠していないためはじかれており、その後の他社用専用コマンドを投げたところで問題が発生してしまったようです。

取り急ぎ、7.6.1と同様のチェック体制に戻したバージョンを作成しました。手元の環境では、正常に動作するようになりましたが、ご確認いただけないでしょうか。
https://crystalmark.info/download/zz/CrystalDiskInfo8Dev9.zip
パスワード



 ミクロン  - 18/9/18(火) 1:33 -
▼ひよひよさん:
>実機を購入して確認しました。
>私の環境ではファイルシステムの破損などの問題は発生しませんでしたが、7.7.0 では、PATA接続の場合認識することができませんでした。どうやら、sATA⇔PATAブリッジチップが、IDENTIFY_DEVICEコマンドの応答が標準には準拠していないことが原因でした。
>7.7.0 では、IDENTIFY_DEVICEの内容チェックを追加したのですが、標準に準拠していないためはじかれており、その後の他社用専用コマンドを投げたところで問題が発生してしまったようです。
>
>取り急ぎ、7.6.1と同様のチェック体制に戻したバージョンを作成しました。手元の環境では、正常に動作するようになりましたが、ご確認いただけないでしょうか。
>https://crystalmark.info/download/zz/CrystalDiskInfo8Dev9.zip

ありがとうございます。
上記のバージョンで確認してみました。
7.7.0で発生していたエラーは発生しなくなりHDDの情報も正常に表示されるようになりました。
特に問題はないようです。

それではよろしくお願いいたします。
パスワード



Inrel 545s/256GB:W10 に CDM6実行で、BS...
 金華山の仙人  - 18/4/9(月) 17:52 -
https://crystalmark.info/board/c-board.cgi?cmd=one;no=1259;id=#1259

上記の続きで、C:ドライブ(+D:ドライブ)化した後の、CDM結果を確認しようとしてCDM6.0.0を実行したら、シーケンシャルRead終了後、ランダム4Kread(Q8T8)実行中にフリーズ状態になり、そのまま放置して様子見してたら、強制リブートが掛かりました。

リブート後、タスクマネージャでCPUとディスクの使用率が0%を確認後、再度実行しても同じ目に遭いました。orz


※尚、Win環境は最新「(Windows10pro64bit(1709) buld 16299.309」で、SSDのFirm「LHF002C」も下記の通り最新です。

https://downloadmirror.intel.com/26491/eng/Intel_SSD_Firmware_Update_Tool_3_0_1_Release_Notes.pdf

              ◇

因みに、1回目のリブート後にCDI7.6.0でチェックしたら、どうやら異常に総読み込み量が増えてた(其れまでは2桁GBだった筈)ので、2回目実行前にメモしときました。

総読み込み量 :132GB
総書き込み量 :313GB
”””(NAND):316GB

で、2回目実行後(アップ画像参照)だと案の定、総読み込み量が55GBもアップしてました。

総読み込み量 :187GB
総書き込み量 :314GB
”””(NAND):319GB

               ◇

尚、測定対象のD:ドライブ(アップ画像参照)にはTMPファイルが二つ残っていて、どちらも1GB容量で「チェックディスク」も「プロパティ」確認もOKで、ファイルは壊れてなさそうでした。
添付画像【1266_545s_CDI7.6.0-BSODreboot2回後.JPG : 193.3KB】添付画像【1266_545s_CDM6.0.0-BSODreboot2回後.JPG : 38.5KB】


 金華山の仙人  - 18/5/17(木) 1:00 -
何と言いましょうか非常に絶妙な日付で、SM2258+(多分)IMFT32層TLC搭載な、ADATA SU800用の新Firmwareを見つけました。

Ultimate SU800
http://www.adata.com/jp/download/410

|Program
| 説明    言語    OS   ファイルサイズ (KB) アップデート ダウンロード
| Firmware  English Windows7 /   17.9MB      2018-05-15    ↓
| Q0922FS       Window 8.1 /
|           Windows 10

ダウンロードファイルは「Q0922FS_FieldUpdater_V4.rar」で、中身は下記。

|20180514_SU800_Q0922FS_Multi_Flash_DRAM_ISP.rar
|ADATA Firmware Q0922FS Release Notes V1.0.pdf

リリースノートの中身は下記で、改版内容は殆ど分かりませんでした。

| This firmware release is only valid for
|  ADATA SU800 Solid State Drives
|  Firmware Version Q0922FS
|    Apr 03, 2018

| Item   :  Description
| 1    :  System compatibility optimization.

               ◇

でもまあ、SM2259+64層TLC な 545s の現Firm「LHF002C」は、September 2017公開なので、当然ながらそれ以降の改版になりますね。

https://downloadmirror.intel.com/26491/eng/Intel_SSD_Firmware_Update_Tool_3_0_1_Release_Notes.pdf

|Intel&#174; Solid State Drive 545s Series Revision History

| Date     : Revision :     Description
|September 2017 : LHF002C :These firmware versions contain the following
|                enhancements:
|                 ・Improved drive behavior during unsafe shutdown scenarios
|                 ・Improved drive behavior with non-aligned 4K wo
rkloads
|                 ・Improved garbage collection capabilities
|                 ・Updates to SMART table to provide persistent
|                   SMART behavior during power cycle, firmware
|                   upgrade and secure erase
|                 Optimized Power Management behavior with DIPM
|                 enabled and transition to different power state


はてさて、SM2258用Firmwareの改版が、今回のSM2259な545sの問題に絡んでるかどうか、興味深いです。
パスワード



 金華山の仙人  - 18/8/6(月) 19:26 -
改版内容は、545sでのBSOD&リブートに直接関係無い様ですが、
545sもソロソロ新Firmを出して欲しいところです。

(そうしたら再挑戦する気も湧きそうなので。^_^;)

-------------------------------------------------------------------------------------
http://www.crucial.jp/jpn/ja/support-ssd

「バージョン」 「対応製品」 「ダウンロード」
 M3CR022  Crucial MX500 SSD  Manual Boot File for Windows
   (all form factors)  and Mac(R)
                   〔download firmware〕
                    "firmware guide"

Released June 19, 2018

 ・Improved ready time from DEVSLP low-power state.
 ・Improved TRIM and Wear Leveling performance.
 ・Improved SATA error handing.
 ・Improved compatibility with some TCG Opal 2.0 third-party encryption utilities (this change does not affect MS BitLocker).

------------------------------------------------------------------------------


でも未だに545sの新Firmは出てないし。

インテル(R) SSD ファームウェア・アップデート・ツール
https://downloadcenter.intel.com/ja/download/26491

| バージョン: 3.0.1 (最新)  日付: 2018/03/29
パスワード



 金華山の仙人  - 18/8/29(水) 23:14 -
久しぶりに545sへシステムクローンした、元SSDでCDM6を自身に実行したら、ガチフリしながらですが、何とか完走しました。(以前は当然ガチフリ無し。)

ビックリして別件で購入した新品の、SP600/256GBをSATA直結にして、CDM6を実行したら、見事に再現(シーケンシャルRead実行後フリーズして、BSOD&Reboot)しました。

この時点で545s犯人容疑は、晴れて無罪放免です。(販売店さん、Intelサポートさん、本当に御免なさい。)

                ◇

545s返品後から元SSD環境が変化した要因は、(当然?)WindowsUpdateが影響(原因)してるとしか考えられません。

なので、その筋からアレコレ実験&検証し、何とか原因(らしき)を見つけて問題解消しましたが、かなり説明が厄介な為、報告は後日余力の有る時にします(?)。


P.S
多分CDIのSATA対象なSMART情報表示が、JMicron/Phison汎用やSMI汎用ミスに対応するよりは早い(かも?)です。(^_^; モチロン、ヒニクデス
パスワード



 金華山の仙人  - 18/8/29(水) 23:38 -
補足:

このツリーの別レスで、SM2258なSU800やMX500に、新Firmが出てたのを報告してますが、SM2259な545sにも出た様です。

改版履歴は分かりませんが、某chの報告で Intel ToolBoxを最新化したら、「LHF002C」から「LHF003C」になったそうです。

なので、より安心して545sを購入して下さい。>ALL :宣伝応援モード^^;
パスワード



タスクトレイの表示
 Hiro  - 18/8/17(金) 11:40 -
タスクトレイのアイコンにカーソルを合わせると出てくる温度情報が15個まで

Windowsの制限だと思いますが、上記が15行までしか表示しません。
現在HDDを16台以上接続しているため、2列とか3列にして15台以上の表示ができるようにできないでしょうか?
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/8/17(金) 19:42 -
▼Hiroさん:
>タスクトレイのアイコンにカーソルを合わせると出てくる温度情報が15個まで
>
>Windowsの制限だと思いますが、上記が15行までしか表示しません。
>現在HDDを16台以上接続しているため、2列とか3列にして15台以上の表示ができるようにできないでしょうか?
申し訳ないのですが、Windows の機能に依存しているため対応できないのです・・・。
パスワード



 Hiro  - 18/8/17(金) 19:49 -
▼ひよひよさん:
>▼Hiroさん:
>>タスクトレイのアイコンにカーソルを合わせると出てくる温度情報が15個まで
>>
>>Windowsの制限だと思いますが、上記が15行までしか表示しません。
>>現在HDDを16台以上接続しているため、2列とか3列にして15台以上の表示ができるようにできないでしょうか?
>申し訳ないのですが、Windows の機能に依存しているため対応できないのです・・・。

早速の回答ありがとうございます。
15行までしか表示できないのは分かっているのですが、

(1) XX℃ (2) XX℃ (3) XX℃
(4) XX℃ (5) XX℃ (6) XX℃
(7) XX℃ (8) XX℃ (9) XX℃
     :
     :

のようにできるのではないかと思っていますがどうでしょうか?
パスワード



Info761,Mark601から突然(不正な命令)SS...
 ななしさん  - 18/8/11(土) 5:54 -
CrystalDiskInfo 7.6.0
CrystalDiskMark 6.0.0
までは SSE(1) で正常に動作しますが (AthlonXP2000+)

CrystalDiskInfo 7.6.1
CrystalDiskMark 6.0.1
から SSE(1) で動作しなくなりました(SSE2必須)
例外番号: c000001d (不正な命令)

バージョンアップの大台は乗り切れましたが
0.0.1増えたことで動かなくなるとは…

2年前に投稿した件と同じ症状です (検索キーワード ”SSE”)
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/8/12(日) 10:41 -
▼ななしさんさん:
>CrystalDiskInfo 7.6.0
>CrystalDiskMark 6.0.0
>までは SSE(1) で正常に動作しますが (AthlonXP2000+)
>
>CrystalDiskInfo 7.6.1
>CrystalDiskMark 6.0.1
>から SSE(1) で動作しなくなりました(SSE2必須)
>例外番号: c000001d (不正な命令)
>
>バージョンアップの大台は乗り切れましたが
>0.0.1増えたことで動かなくなるとは…
>
>2年前に投稿した件と同じ症状です (検索キーワード ”SSE”)
ご連絡ありがとうございます。

ビルドオプションでは、拡張命令なし (/arch:IA32)を設定しているのですが・・・コンパイラのバージョンアップが原因ですかね・・・。
パスワード



JMicronコントローラ用SMART表示の要望
 金華山の仙人  - 17/7/30(日) 4:13 -
先のPhisonに比べると、大分マイナーだし、既にMaxotekという別会社に分社化してますが、少なくともLatestな JMF670H コントローラについて、対応して頂けると、かなり助かるユーザーが居ると思います。

対象SSDは以下の3つです。

・ADATA SX930
・Transcend 340K
・ADATA SP600

上の2つは現役ですし、3つ目は一時期の売れ筋製品でしたので、結構多くのユーザーが未だ居る筈です。

【鉄板&旬パーツ】SSDの新定番はCFD「HG6Q」とADATA「SP600」
http://ascii.jp/elem/000/001/027/1027918/

            ◇

但し、JMF670Hコンの出すSMART項目自体は多めですが、意味が分かるのは少ないです。

それでも下記の3つは分かるので、少なくともこれ等だけでも対応して頂けると嬉しいです。

E7 : 残り寿命
F1 : 総書き込み量
F2 : 総読み込み量

但し、E7項目の生値の初期値は「0」で、SandForceコンと同系統みたいです。

又、F1,F2項目は、生値がGBではない様で、SX930の SSD ToolBox での書込み量を見ると、生値1=512B っぽいです。

SSD ToolBox 書込み量 = 2.39TB
”””””” F1項目  = 131E9F7B5(h)  → 5132384181(d)

(5132384181x512)÷(1024x3)=2447

まあ端数が合わないのがアレですが、TiBとかGiBとかの絡みでしょうか?
添付画像【970_ADATA-ToolBox_SX930-SMART&HostWrite.JPG : 157.2KB】
引用なし

パスワード



 金華山の仙人  - 18/3/9(金) 16:02 -
>あとInitioですが下記レビュー記事によると、P3シリーズじゃなくてQシリーズでの報告ですが、どうやらINIC-6081コン=Phison S11コンのOEMらしいです。
>
>https://www.overclockers.ru/lab/88751_2/
>obzor-i-testirovanie-ssd-nakopitelya-kingspec-q-series-obemom-180-gbajt-novyj-kontroller-initio-inic-6081.html
>(↑半角連続エラーが出たので、途中改行を抜いてリンクして下さい。)

上記の中から、下記にCDI画像をリンクして良く見てみると、どうやら
SMI汎用表示が適用されてて、上手く行ってる感じです。タブン

https://st.overclockers.ru/images/lab/2017/12/30/1/123_big.png

もしPhision汎用表示だと、F1/F2項目はGB単位なので、総読み書き量がエライ事になりますから。^^;)

|モデル名と S.M.A.R.T. 属性 ID での分類はいろんな意味で限界を感じます。(私の情熱も限界下回っていますし・・・)

恐らくこのSMART属性IDなる分類が、上手く行ったという事でしょから、苦労の甲斐が報われて、大変おめでとう御座います。(^o^)/
パスワード



 金華山の仙人  - 18/3/16(金) 19:21 -
>上記の中から、下記にCDI画像をリンクして良く見てみると、どうやら
>SMI汎用表示が適用されてて、上手く行ってる感じです。タブン
>
>https://st.overclockers.ru/images/lab/2017/12/30/1/123_big.png

上記のQ-180とCDI7.5.2画面で、同じSMART項目でした。

>もしPhision汎用表示だと、F1/F2項目はGB単位なので、総読み書き量がエライ事になりますから。^^;)

NTFSフルフォーマットしたら、右上の総書込み量にSSD容量分が表示されました。

>|モデル名と S.M.A.R.T. 属性 ID での分類はいろんな意味で限界を感じます。(私の情熱も限界下回っていますし・・・)
>
>恐らくこのSMART属性IDなる分類が、上手く行ったという事でしょから、苦労の甲斐が報われて、大変おめでとう御座います。(^o^)/

改めてオメデトウを言わせて下さい。


P.S
ただ以前から、そのままな"TLC表記"と、日本語版のみ?なF2項目の説明書き間違いは、優先的に対処して頂きたいです。

あと対応規格の欄に、Textデータから何か分かればお願いします。
添付画像【1251_CDI7.5.2_KingSpec_P3-256.JPG : 190.2KB】


 金華山の仙人  - 18/8/8(水) 0:31 -
▼金華山の仙人さん:

どんどんMLC品が少なくなって、しかもマイナーブランドで低品質NAND搭載品が、次々と暴露されていく状態を鑑みて、ポチッてしまいましたとさ。

>最後にSP600ですが、下記webのCDI7.0.5では、E7,F1,F2が存在します。
>(半角文字列長過ぎで、URLは一回改行してます。)

ちゃんとE7,F1,F2が存在して、SX930と同様に総読み書き量は、512Byte単位でした。

>殻割り写真でコントローラはJMF670Hなのが分かります。

あとSMART_READ_DATA 190行目には、きっちり「JMF670」が記載されてました。
添付画像【1342_CDI7.6.1_ADATA_SP600-256GB_1.JPG : 178.6KB】添付画像【1342_CDI7.6.1_ADATA_SP600-256GB_2.JPG : 181.4KB】添付画像【1342_ADATA-ToolBox3.0.3_SP600-SMART1.JPG : 90.7KB】添付画像【1342_ADATA-ToolBox3.0.3_SP600-SMART2.JPG : 91.3KB】


 金華山の仙人  - 18/8/8(水) 0:40 -
ファイルが4つしかアップ出来なかったので追加です。

※あとレス先の画像の後ろ2枚は、ADATA ToolBox3.0.3(最新)でのSMART情報の画像です。
パスワード



HDD/SSDスタンド 動作報告
 きまぐれ  - 18/7/28(土) 13:59 -
いつもありがたく使わせて頂いております。

下記の動作を確認しましたので報告します。

AOK-CLONE-U3
https://www.itprotech.jp/aotech/aok-clone-u3/

S.M.A.R.Tは2台目の情報しか取れないようです。
引用なし

パスワード



CDI における SK hynix SL308 での「ベン...
 Ted  - 18/7/24(火) 3:10 -
CrystalDiskInfoやCrystalDiskMarkにはいつもお世話になっております。 さて、先日SK hynixのSSD「SL308 250GB」をPCへ搭載し、CrystalDiskInfo 7.6.1で表示してみました。 すると、殆どの項目が「ベンダ固有」という表示になっていました。 項目に関する情報をお持ちでないと察しました。 そこで、SK hynixが用意しているユーティリティ「Drive Manager Easy Kit」でS.M.A.R.T.情報を表示させてみました。 両方のスクリーンショットを添付しますので、項目名への対応をお願いしたいと思います。 ちなみに、画像はつなぎ合わせたりシリアルナンバーを伏せたりして一部加工しております。 それからユーティリティの画像で文字が切れている箇所が2つあります。1つ目は「[0xB2] ... (Worst Case)」で2つ目は「[0xC3] ... Error Rate」です。 恐らくSL300シリーズは全て同じ項目が表示されると思われます。 以上、どうかよろしくお願いいたします。 添付画像【1334_CDI-SL308.png : 93.9KB】添付画像【1334_SKHDMEK-SL308.png : 240.5KB】
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/7/24(火) 21:49 -
▼Tedさん:
>CrystalDiskInfoやCrystalDiskMarkにはいつもお世話になっております。

ご連絡ありがとうございます。
GitHub の issues に登録しました。どこかのタイミングで対応します。
https://github.com/hiyohiyo/CrystalDiskInfo/issues/14
パスワード



 金華山の仙人  - 18/7/25(水) 21:50 -
▼ひよひよさん:

>GitHub の issues に登録しました。どこかのタイミングで対応します。
>https://github.com/hiyohiyo/CrystalDiskInfo/issues/14

SL300シリーズだけじゃなくて、他のシリーズも同じパターンで対応してる可能性が高いので、内部名の命名規約をアップしますね。

※下記の様に内部名からCrucialの文字列が抜けた事例もあるので、汎用的に対処した方が良いでしょうから。

BX300 には、Crucial の文字が入って無い模様。
https://crystalmark.info/board/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=1039

              ◇

因みに、もうとっくに入手済かもしれませんが、とあるSK Hynix SSDのDataSheetからの抜粋です。

※尤も、Flash Code に MLC が抜けてるのはご愛嬌ですが。(^_^;


P.S
SK Hynix から、LAMDコン搭載/3D NAND品が販売されたら、必ず買うつもりなので、今のうちから宜しくです。
添付画像【1337_SK_Hynix-SSD_命名規約.JPG : 101.2KB】
パスワード



 金華山の仙人  - 18/7/25(水) 22:08 -
あ、そうそうウチには既に下記にアップした通り、SC210が存在してますので、SL300シリーズと一緒に対応して頂きたいです。

(その頃のEasy Kit での表示や、CDIの下切れ画像は、下記へのレスで追加してます。)

α1/win7pSP1x32 で動作OK+Hynix SC210
https://crystalmark.info/board/c-board.cgi?cmd=one;no=448;id=

まあ、その為の命名規約情報のアップだったりしますが。(^o^: オイテキボリハ、イヤ
パスワード



 金華山の仙人  - 18/7/25(水) 22:51 -
>α1/win7pSP1x32 で動作OK+Hynix SC210
>https://crystalmark.info/board/c-board.cgi?cmd=one;no=448;id=

そういや上記へのレスには、川本優氏からSC300の情報も有りますね。

あと下記の過去ログにSL300のも。

CrystalDiskInfo 6.7.5/Hynix SL300 その他
https://crystalmark.info/board/c-board.cgi?cmd=one;no=627;id=

多分、当面はこれらの2.5インチ/SATA3品に対応していれば大丈夫かと。


※尚、SC210と同様な国内クライアント向けには、SC308(下記はDell採用の証拠)なんてのも有りますが。

SK Hynix SC308 Solid State Drive Firmware Update
https://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/Drivers/DriversDetails?driverId=PJDRD
パスワード



外付け HDD 動作報告
 夜来香  - 18/7/22(日) 16:06 -
いつもありがたく使わせて頂いております。 下記動作致しましたのでご報告まで。 TOSHIBA Canvio Basics 2TB HDTB420AK3AA https://toshiba-storage.asia/canvio-basics/ なんか中身はMQ04UBD200とかいうUSBネイティブなHDDの様です。 多分プラッタとかはMQ04ABD200と同じではないかとは思われます。
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/7/25(水) 20:36 -
▼夜来香さん:
>いつもありがたく使わせて頂いております。
>
> 下記動作致しましたのでご報告まで。
>
>TOSHIBA Canvio Basics 2TB HDTB420AK3AA
>https://toshiba-storage.asia/canvio-basics/
>
>なんか中身はMQ04UBD200とかいうUSBネイティブなHDDの様です。
>多分プラッタとかはMQ04ABD200と同じではないかとは思われます。
ご連絡ありがとうございます。リストに追加させていただきました。
http://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/crystaldiskinfo-external-drives/
パスワード



CrystalMark 2004 ランキングページ不具合...
 redriver120  - 18/7/20(金) 15:41 -
以前よりCrystalMarkを使用し、自作PCのベンチマークをさせて頂いております。
先日ベンチマーク後にランキングページに登録しようとした所、登録できませんでした。
ランキングページを見たところ漢字の部分が文字化けしていました。
他のPCで確認しましたがやはり漢字の部分が文字化けしているようでした。
こちらの環境の問題なのかランキングページの不具合なのでしょうか?
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/7/22(日) 13:22 -
▼redriver120さん:
>以前よりCrystalMarkを使用し、自作PCのベンチマークをさせて頂いております。
>先日ベンチマーク後にランキングページに登録しようとした所、登録できませんでした。
>ランキングページを見たところ漢字の部分が文字化けしていました。
>他のPCで確認しましたがやはり漢字の部分が文字化けしているようでした。
>こちらの環境の問題なのかランキングページの不具合なのでしょうか?
ご連絡ありがとうございます。

ランキングシステム側の不具合です。が、以前サーバーを移行した時には問題なく動いていたので何かのバージョンアップがきっかけでおかしくなってしまったようです。

ちょっと確認した感じでは、IE などで SJIS を強制するととメニューなどはちゃんと表示されるものの、データ自体はやっぱり文字化け・・・

本システムは、15年ほど前に SJIS 前提で書いているので、根本的な改修は難しいです。何らかの暫定対処策が見つかれば講じて延命を図ります・・・。
パスワード



 redriver120  - 18/7/23(月) 2:25 -
▼ひよひよさん:
>▼redriver120さん:
>>以前よりCrystalMarkを使用し、自作PCのベンチマークをさせて頂いております。
>>先日ベンチマーク後にランキングページに登録しようとした所、登録できませんでした。
>>ランキングページを見たところ漢字の部分が文字化けしていました。
>>他のPCで確認しましたがやはり漢字の部分が文字化けしているようでした。
>>こちらの環境の問題なのかランキングページの不具合なのでしょうか?
>ご連絡ありがとうございます。
>
>ランキングシステム側の不具合です。が、以前サーバーを移行した時には問題なく動いていたので何かのバージョンアップがきっかけでおかしくなってしまったようです。
>
>ちょっと確認した感じでは、IE などで SJIS を強制するととメニューなどはちゃんと表示されるものの、データ自体はやっぱり文字化け・・・
>
>本システムは、15年ほど前に SJIS 前提で書いているので、根本的な改修は難しいです。何らかの暫定対処策が見つかれば講じて延命を図ります・・・。

CrystalMarkのランキングページには今迄の自作PCの性能、改造した際の効果が残されており何時までも残しておきたいものですがそれは自分では何もできずひよひよ様に頼る事しかできません。
できる限りの延命をお願いしたい所ですm(_ _)m
パスワード



判別ツールの危険性
 ぽん  - 18/7/14(土) 2:36 -
最近、偽装仕様のNANDなどが出回って騒ぎになっていることもあり
ここでも紹介されている判別ツール(↓など)をよく見かけますが

http://vlo.name:3000/tmph/phison_flash_id.rar
http://vlo.name:3000/tmph/smi_flash_id.rar

これらを実効することによる危険性はないのでしょうか?
(ファームウエアを破壊したりとか)
どのコントローラーか分からない場合でも手当たり次第に
試してみても問題ないのでしょうか?
有志の方々?が開発したツールとのことですが…

素人質問ですみませんが、どなたかお答え頂けると幸いです。
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/7/22(日) 13:18 -
▼ぽんさん:
>最近、偽装仕様のNANDなどが出回って騒ぎになっていることもあり
>ここでも紹介されている判別ツール(↓など)をよく見かけますが
>
>http://vlo.name:3000/tmph/phison_flash_id.rar
>http://vlo.name:3000/tmph/smi_flash_id.rar
>
>これらを実効することによる危険性はないのでしょうか?
>(ファームウエアを破壊したりとか)
>どのコントローラーか分からない場合でも手当たり次第に
>試してみても問題ないのでしょうか?
>有志の方々?が開発したツールとのことですが…
>
>素人質問ですみませんが、どなたかお答え頂けると幸いです。
開発者ではないので、危険性について判断できません。
あまりよくわからないのであれば手を出す必要はないと思います。信頼できるベンダーの SSD を購入してはいかがでしょうか。
パスワード



Micron製SSDにおけるCDIの表示不良
 ジャックソン  - 18/7/14(土) 14:24 -
Micron製SSDをCDI上でみると使用時間の表示がおかしいです。
実際には数百時間ほど使用しているはずが33時間と表示されています。
時間は進んではいるようですが数時間動作させても1時間も進まない状況です。

○SSD型番:Micron_1100_MTFDDAV256TBN
添付画像【1327_無題.png : 306.8KB】
引用なし

パスワード


[添付] :1327_無題.png (306.8KB)


 金華山の仙人  - 18/7/15(日) 6:05 -
使用時間がカウントupしないのは、LPM機能の仕様です。
https://crystalmark.info/board/c-board.cgi?cmd=one;no=1322;id=#1322
パスワード



KingFast MLC 2710DCS08-240の表示異常
 i.k  - 17/11/4(土) 9:10 -
開発者の方へ
KingFast MLC NAND採用 2.5インチ SSD 240GB 内蔵型 SATA接続用 2710DCS08-240は、購入してすぐ、クリスタルディスクインフォで健康状態等を確認しましたが、読み込み量50000GB、総書込量90000時間と表示されます。
対応をお願い致します。
宜しくお願い致します。
引用なし

パスワード



 雫ちゃんにお任せ  - 18/7/6(金) 11:50 -
使用時間はかなりいい加減なカウントで、”不明”なのが正しいかもしれません。
1時間で増える場合もあれば、4時間たっても増えない場合もある
負荷を全くかけないアイドル状態だと、1時間。
若干の操作などで低負荷でもかけると、数時間以上で5時間とかで変化。

3時間経過後でとってみましたが、2710DCS08-240だけは、時間の変化はありませんでした。
約26時間か27時間の使用でわずか、7時間って値になっていますので。
パスワード


[添付] :1321_070609.txt (51.8KB)
[添付] :1321_070611.txt (51.8KB)


 金華山の仙人  - 18/7/8(日) 21:55 -
▼雫ちゃんにお任せさん:

>1時間で増える場合もあれば、4時間たっても増えない場合もある
>負荷を全くかけないアイドル状態だと、1時間。
>若干の操作などで低負荷でもかけると、数時間以上で5時間とかで変化。

それはLPM機能の仕様なので、心配要りません。

Crucial等のSSDで良く出る話ですが、LPMが有効だと電源on時でもSSD自身が休止状態となり、その間は使用時間がカウントアップされません。
パスワード



 雫ちゃんにお任せ  - 18/7/11(水) 16:56 -
▼金華山の仙人さん:
>▼雫ちゃんにお任せさん:
>
>>1時間で増える場合もあれば、4時間たっても増えない場合もある
>>負荷を全くかけないアイドル状態だと、1時間。
>>若干の操作などで低負荷でもかけると、数時間以上で5時間とかで変化。
>
>それはLPM機能の仕様なので、心配要りません。
>
>Crucial等のSSDで良く出る話ですが、LPMが有効だと電源on時でもSSD自身が休止状態となり、その間は使用時間がカウントアップされません。

仕様でしたか。Crucial等でも発生することがあると言うことで安心しました。
DevSleepに対応したSSDが初めてでしたので、わかりませんでした。
パスワード



 金華山の仙人  - 18/7/12(木) 23:23 -
▼雫ちゃんにお任せさん:

>DevSleepに対応したSSDが初めてでしたので、わかりませんでした。

えっと、LPMのSleepとDevSleepは別物の筈ですよ。

DevSleepは確かSATAの信号ケーブルの1本を使って、SSDをほぼ完全に電源offの状態に制御する機能で、MB側にその機能が無いと使えないし、復帰に時間がかかる為、大抵はノートPCでしか実装されてません。

逆に言えばノートPC用にSSDを購入する場合、このDevSleep機能の有無はバッテリーの使用可能時間に影響が大きいので、この機能の有無は要チェックです。
パスワード



Phisonコントローラ用SMART表示の要望
 金華山の仙人  - 17/7/16(日) 21:56 -
現状のCDI7.0.5では、SMIコンとローラに関しては汎用のSMART表示をしてくれますが、Phisonコントローラに関しては特定の製品以外は対応してません。

そこでS8,S10,S11コンの情報を提供しますので、何とか汎用対応をお願いします。

まずはSPCC S80(S8コン)と、Palit GFS(S11コン)です。何れもMLC品で、これをPhison汎用toolでSMART表示した結果をアップします。
添付画像【939_SPCC-S80_SMART.JPG : 80.6KB】添付画像【939_Palit-GFS_SMART.JPG : 78.7KB】
引用なし

パスワード



 金華山の仙人  - 18/4/17(火) 6:29 -
>※日本語だと「ブロック消去回数上限値」あたりか?

うーーーん、「ブロック消去上限回数」の方が良いか?

でも他の「〇〇ブロック消去回数」と違って、SSD使用によって増加しない、NANDに対する仕様の固定値だし、「NAND」記述は別発言で書いた様に、避けたいし・・・。

(まあ別項目に「pSLC」を使う時点で、NAND以外の素子採用SSDに対して、既に破綻してるけど。^^;)

「限界値」だと、越えると即壊れそうなイメージで「最大ブロック消去回数」に失礼?だし、やっぱり当初案でOKでしょうかね。

もう後は作者のセンスにお任せします。マルナゲモード(_ _;)/~
パスワード



 金華山の仙人  - 18/4/17(火) 20:26 -
>A8項目に関しては、MLCの370Sのが「3000(D)」で、TLC な筈のS280が「1000(D)」で、平均ブロック消去回数なA7項目が「10(D)」で、A9項目=99%寿命の計算が合ってますので、
>
>A8項目:Maximum P/E Cycles

今までNANDの書き換え限度回数について、SLCの10万回以外はあまり根拠が無くて、MLCの書き換え回数限度については、MLC+SMIコンなSSDのA8項目が「3,000」回だったのが、基本でした。

今回のTLC品で「1,000」回の数値は、私は初めて見たので、非常に参考になります。
(TLCの書き換え限度は、300〜500回の意見が多かった為。)

               ◇

但し、KingDian S280 は「SM2258+2D TLC」品なので、恐らくLDPCエラー訂正が前提での回数と考えられます。

実際、Micronの3D NANDの仕様書を見ても、3D TLCの書き換え限度は、LDPCエラー訂正が前提で「1,500」回になってますので、それとの辻褄も結構合ってる感じですし。


P.S
尤も、例えばPhisonのS8コンやS11コンの場合、寿命計算がリファレンスなFirmですら「総書込み量&TBW演算方式」になってしまってるので、今後はあまり役立たない知識かも、ですが。

恐らく(特に)TLC品については、昨今は使い捨て前提になってきてるので、残り寿命が1%(or 0%)になった時点で、Readオンリー化する方が、JEDECのコンシューマ用SSDの規定(無通電状態でData一年間保持)を、守りやすいからなのでしょう。


P.S2
日本語より英語の方が、A8項目の説明はし易そうですね。
平均消去回数等は" Counts" を使って、消去上限値は "Cycles" を使えば区別が一目瞭然ですので。(^_^;ナヤミガナク?テ、チョットウラヤマ
パスワード



 金華山の仙人  - 18/4/22(日) 0:49 -
>>あと370Sではベンダー固有(A8,AF,B0,B1,B2)が残ってますので、370S個別の表示が欲しいですね。
>
>A8項目に関しては、MLCの370Sのが「3000(D)」で、TLC な筈のS280が「1000(D)」で、平均ブロック消去回数なA7項目が「10(D)」で、A9項目=99%寿命の計算が合ってますので、
>
>A8項目:Maximum P/E Cycles

A8項目が何とかなりそうなので、残りを頑張ってみました。
(これでSMI汎用表示は、バッチリか?)

              ◇

CDI7のSMI用SMART項目で、ベンダー固有として残ってる項目の、SSD Scopeでの説明を抜き出してみました。

・AF項目:Program fail count in worst die
・B0項目:Erase fall count in worst die
・B1項目:Total Wear Level Count
・B2項目:Runtime Invalid Block Count

どうやらAF/B0項目はペアっぽいですね。
Program(書込み)時と、Erase(消去)時の失敗回数が、一番酷いダイの数値を表示してる様です。
となると邦訳は、ブロックに対する表現に合わせて、下記あたりでしょうか。

・AF項目:最大ダイ書込失敗回数
・B0項目:最大ダイ消去失敗回数

B1項目は、その意味通りでしょうね。
(WLは結構知られてるので、なまじ邦訳しない方が良いでしょう。)

・B1項目:Wear Level合計回数

B2項目は、うーーーん、こんな感じ?(ソロソロ疲れてきました。_ _;)

・B2項目:実行時ブロック無効化回数

※05項目と微妙に被りそうですが、セクター数とブロック数で、単位が違うから大丈夫かと。

・05項目:Reallocated Sectors Count

とりあえず、こんなところで如何でしょうか。◎| ̄|_ ゼイゼイハアハア
パスワード



 金華山の仙人  - 18/7/9(月) 0:10 -
他のPhisonコンのF1/F2項目は、基本的に1GB単位ばかりみたいですが、下記掲示板の報告によると、どうやらS9コンのみ、1MBみたいです。

https://egg.5ch.net/test/read.cgi/jisaku/1478971430/413-418

|417Socket7742018/05/29(火) 22:25:26.79ID:/Ko5zQuM>>418
https://techutils.in/blog/2018/02/17/stackbounty-ssd-ubuntu-gnome-smart-issues-with-ssd/
|> Firmware Version: S9FM02.8
|> F1 Total number of written MB from host

どうやらSSDメーカーのSPCCのToolも、間違って1GBで表示してるらしく、かなりマイナーな話になりますね。(^_^;

でも現実にS9コンは省電力向けで、結構SPCCその他のSSDに搭載を見かけるので、対応が必要かと。

ただ現状では、Firmware名の2文字目が「9」である事しか、判定手段が無いのが、微妙に嫌らしいですが。

               ◇

因みに、Phison_Flash_IDツールを使っても、完全にはコントローラを確定は難しい様です。

https://egg.5ch.net/test/read.cgi/jisaku/1520505805/302
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
v0.77a
Drive: 0(ATA)
Model: P3-256
Fw : 1.00
Size : 244198 MB
P/N :
S11fw: SBFG71C1, 2017Oct19
Bank00: 0x2c,0xb4,0x78,0x32,0xaa,0x4,0x0,0x0 - Micron TLC 384Gb/CE 384Gb/die
Bank01: 0x2c,0xb4,0x78,0x32,0xaa,0x4,0x0,0x0 - Micron TLC 384Gb/CE 384Gb/die
Bank02: 0x2c,0xb4,0x78,0x32,0xaa,0x4,0x0,0x0 - Micron TLC 384Gb/CE 384Gb/die
Bank08: 0x2c,0xb4,0x78,0x32,0xaa,0x4,0x0,0x0 - Micron TLC 384Gb/CE 384Gb/die
Bank09: 0x2c,0xb4,0x78,0x32,0xaa,0x4,0x0,0x0 - Micron TLC 384Gb/CE 384Gb/die
Bank11: 0x2c,0xb4,0x78,0x32,0xaa,0x4,0x0,0x0 - Micron TLC 384Gb/CE 384Gb/die
Controller : Possible PS3109 or PS3111
Flash CE : 6
PS3105/3108/3109/3111 only:
Flash Channel: 2
Dram Size,MB : 32
PS3110 only :
Flash Channel: 6
Interleave : 2
Flash Mode/Clk: 0/0 (S9) or 5/7 (S11)
      ・
      ・
      ・
      ・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記の最終行を見て分かる通り、S9とS11の識別は無理な様です。

やはりFirm名の2文字目で判定するのが確実かと。
パスワード



次期CDMではpSLCキャッシュover性能評価が...
 金華山の仙人  - 18/5/16(水) 7:19 -
最近の廉価SSDは、MLC/TLCすら御神籤になってしまってますが、疑似SLCキャッシュ範囲内だと、CDMとかのベンチマークでは、ほぼ差が出ません。

ある意味それは普段使いで差が無い事でもあり、メリットではありますが、性能評価の為にある、ベンチマークソフトの存在意義に関わります。

ただ、じゃあ32GiBで測定すれば分かるかと言えば、下記レビューに有る通り、オーバー時の性能低下で大悪評だったSP550でも、それは判定出来てません。

本格普及が進むTLC NAND SSD。その実力をADATA「Premier SP550」で徹底検証
http://www.gdm.or.jp/review/2016/0102/145732/4

結局「HD Tune Pro」を使うしか、判断出来てない次第です。

              ◇

当てずっぽうですが、SSDのFirmwareのベンチマーク対策が進んだか、或いは疑似SLCキャッシュを可変化して、空き容量を最大限利用してるのでは?と考えてます。

SSD > Colorful > SL500 640G
『使い物にならない』
http://review.kakaku.com/review/K0001018759/ReviewCD=1127759/#tab

|20ギガぐらいファイルのコピーで、最初早いが、しばらく時間経ったら、5メガぐらいに落ちる。その後一瞬上がるがまたすぐ落ちる。このまま繰り返す。
|こんなSSD初めて。使えない。

しかし、例えば上記の様に実運用で痛い目に遭ってる報告もあり、今後はQLC登場も控えてますし、何らかの対策が欲しいところです。

(勿論上記のSSDなら、DRAMレスのSM2258XTなので、CDM32GiB測定で、馬脚を現すかも知れませんが。)

                ◇

あとコッチも少し無理な相談っぽいですが、SSD Plus J26(SM2256S)位迄は、DRAMレスだとCDMのランダム4Kread(Q32T1)が、大抵200MB/s未満で、それでDRAMレスかどうかの判断が出来てました。

SL500 480G(MLC)
https://www.links.co.jp/item/sl500-480gmlc/

ところが最近のSM2258XT搭載品は、結構200MB/s以上の叩き出すSSDが多くて、判定に使えなくなってきてます。
(上記のだと、何と300MB/s超ですし。)

まあFirmwareが進歩したのか、3D NANDの恩恵なのか、は分かりませんが、こちらも何等かの手段でDRAMレスかどうかの判定が、可能になると嬉しいです。
引用なし

パスワード



 金華山の仙人  - 18/6/19(火) 15:22 -
▼marosamaさん:

レスどうもです。

>なので、仕様上、検出できなくてもある意味当然かと思います。

そのあたりは承知した上で、要望してますです。ハイ

>pSLCを採用しているSSDで、NANDの素の速度を出したいなら、その領
>域がなくなる以上の継続ライトを行うほかありません。すると、必然
>的にテスト時間がかかりますので、CMDのコンセプトである手軽に使え
>て、短時間で結果がわかるということから外れていくような気もします。

標準で測定するのではなくて、後で出てくるTxBENCHやHD Tune Pro みたいに、そういうオプションメニューを追加すればオケかな?と思ってます。

そういう事でもしないと、既にCDMの進歩はもう必要が無い気もしますし。

例えばDiskspdを最新にUPGする予定が有るっぽいですが、利用者からしたら過去Dataとの比較が難しくなるだけで、デメリットしか感じませんし。

>また、NANDの素の速度が出たとして、それを何秒間計測したものを速度
>として表示するのか、テストは1回でよいのか、複数が良いのかなど、
>ベンチマークソフトとしての仕様の問題にも関わるのでなかなか難しい
>判断だと思います。

最新のSM225x系統は、どうやら空き領域が有るだけpSLC領域を確保するらしく、空き容量が少なくなるまでシーケンシャルWriteが低下しない様ですしね。

技術的困難度は承知してますが、例えばあまりNANDを消耗させずに空き容量を埋めて(ex:デフォルトで85%or残り32GiB)、それで測定する様な機能が有れば楽ですよね。(^o^)オウチャクモノデス

※pSLC部分だけなら、ブロック単位でフラッシュ消去すれば(多分)all「1」になる?から、all「1」書込みで実質的な書き換えは対応tableのみ?で、消耗を最小限で埋められる気もしますし。(~_~; ドシロウトアイデアデス


>ベンチマークソフトには向き不向きがあると思いますので、個人的には、
>そういった用途では、IOMeterを使うとか、TxBenchを使うとかというの
>が良いのではないかと思います。

CDMが今のままだと、TxBENCHは別途導入するしかないかなあ、と私も思ってます。

逆に言えば、その機能をCDMにメニュー追加するだけで、CDMだけで済ませられる、というメリットを期待してたりします。(^_^;

             ◇

ただ最近は、廉価でお買い得そうなマイナーブランドSSDが、実は低品質NANDを搭載して、安かろう悪かろうで全然お買い得じゃないのが分かってきて、SSD自体に興味が薄れてきてますけどね。

低品質NAND搭載品を判断する手段が無くて、メジャーなSSDブランド品以外、購入する気が失せて来ていて、選ぶ楽しみが無くなりつつ有る次第です。

購入者の皆が皆、TxBENCHやHD Tune Pro のレビューを公開してくれる訳じゃないですし。
(だからメジャーなCDMに、タイトルの機能が有ればなあと、要望した訳です。)
パスワード



 marosama  - 18/6/20(水) 6:12 -
▼金華山の仙人さん:

>最新のSM225x系統は、どうやら空き領域が有るだけpSLC領域を確保する
>らしく、空き容量が少なくなるまでシーケンシャルWriteが低下しない
>様ですしね。

TLCの場合、その仕様だと、ワーストケースでは容量が3分の1になってし
まいますが、そのSSDは本当にまともに使える製品なんでしょうか?
僕には、ちょっとにわかに信じられない仕様です。もし、本当なら、そ
んなクソドライブは怖いので使いたくないですね(笑)。

>※pSLC部分だけなら、ブロック単位でフラッシュ消去すれば(多分)all
>「1」になる?から、all「1」書込みで実質的な書き換えは対応tableの
>み?で、消耗を最小限で埋められる気もしますし。(~_~; ドシロウトアイデアデス

それだと、LUTの変更のみしかないので、永久に最大速度のような気がし
ます。また、今のSSDは、SecureEraseを行った後に、RAWでリードをかけ
るとNANDからデータを読まずにコントローラーが勝手にデータを返しますし。

>CDMが今のままだと、TxBENCHは別途導入するしかないかなあ、と私も
>思ってます。
>逆に言えば、その機能をCDMにメニュー追加するだけで、CDMだけで済
>ませられる、というメリットを期待してたりします。(^_^;

TxBenchの基本仕様は、僕が考えたものなのでかなりマニアックですが、
まあ、大体の要望に答えられるようになっていると思います(笑)。

>ただ最近は、廉価でお買い得そうなマイナーブランドSSDが、実は低品
>質NANDを搭載して、安かろう悪かろうで全然お買い得じゃないのが分か
>ってきて、SSD自体に興味が薄れてきてますけどね。

あれですね。ウェハー単位で購入して、本来は、メモリーカードやUSBメ
モリに使うべき品質のところまでSSDに使って低価格化しているというや
つですね。下手したら、パッケージング工場が廃棄しているNANDのパッ
ケージを購入して、SSD作っているかもしれませんね。
その手のものは、USBメモリーやメモリーカードでは昔からあったのでは
ないかと思いますが、最近は、SSDにまでその手法が広がっているわけで
すね。困ったもんだ。
パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/6/21(木) 0:44 -
金華山の仙人さん、marosamaさん

ご意見ありがとうございます。亀レスすみません。。。
この手のイケてない SSD をファイルベースのベンチマークでも見分ける仕組みは何か考えていかないとならないですね。

ただ、ストレージ全体をテストする機能を実装する予定は今のところございません。もちろん、CrystalDiskMark Pro など別ソフトとして本格的なベンチマークソフトを作る可能性も 0 ではないのですが。

一番の理由は、ストレージ全体の書き込みテストにより、データ削除トラブルが発生する可能性が非常に高いことです。(普通の人が使用されていることも多いと思うので、いくら注意喚起のメッセージを出したところで、よくわからずオッケーオッケーしているうちに全部消えた!?的なトラブルは世界中で起きてしまう可能性があります。)

それに、既に良いソフトは色々ありますからね・・・。

それにしても、紹介いただいたリンク先を眺めてみるととんでもない地雷 SSD ですが、CrystalDiskMark の結果は良好ですね・・・。
パスワード



 金華山の仙人  - 18/6/24(日) 1:51 -
▼ひよひよさん:

>それにしても、紹介いただいたリンク先を眺めてみるととんでもない地雷 SSD ですが、CrystalDiskMark の結果は良好ですね・・・。

そこが解決とは行かなくても少しでも改善するなら、例えばDiskspdを最新にUPGする意味も有るんですけどね。
(そういう意味合いがあれば、過去Dataとの比較が多少難しくなっても、我慢出来ますし。)

自分も10年間程ソフト開発に従事してたり、SSDのFirmUpが大好きだったりするので、趣味的にDiskspdを最新にUPGしたい気持ちとかは十分共感出来ます。

しかし、昨今の状況を考えると、利用者の切実なニーズとしては、少しでも地雷回避する手段の改善を、優先して頂きたいです。
パスワード



CrystalDiskInfoのインストール先によるC...
 ymst  - 18/5/25(金) 10:39 -
いつも便利に利用させて頂いております。

Administratorでログオンしている状態で、CrystalDiskInfo7_6_0.zip を
デスクトップ( c:\Uses\Administrator\Desktop\CrystalDiskInfo) に展開して、
コマンドラインから /Copy または /CopyExit オプションを付けて実行すると、
(例 DiskInfo64.exe /CopyExit)

「Encountered an improper argument.」

というエラーダイアログが表示され、DiskInfo.txt が出力されませんでした。
インストールパスを色々と変更して試したところ、パスのどこかに"ini" が
含まれているとエラーになってしまうようです。
Win7,Win10の複数環境で現象を確認しております。

ご対応いただけますと助かります。
よろしくお願い致します。
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/5/29(火) 0:21 -
▼ymstさん:
>いつも便利に利用させて頂いております。
>
>Administratorでログオンしている状態で、CrystalDiskInfo7_6_0.zip を
>デスクトップ( c:\Uses\Administrator\Desktop\CrystalDiskInfo) に展開して、
>コマンドラインから /Copy または /CopyExit オプションを付けて実行すると、
>(例 DiskInfo64.exe /CopyExit)
>
>「Encountered an improper argument.」
>
>というエラーダイアログが表示され、DiskInfo.txt が出力されませんでした。
>インストールパスを色々と変更して試したところ、パスのどこかに"ini" が
>含まれているとエラーになってしまうようです。
>Win7,Win10の複数環境で現象を確認しております。
>
>ご対応いただけますと助かります。
>よろしくお願い致します。
ご連絡ありがとうございます。
完全にバグですね。
Adm"ini"strator に反応してしまったと。文字列処理の不備なので近いうちに修正します。
パスワード



 ymst  - 18/5/31(木) 15:40 -
御確認ありがとうございます。
次回リリースお待ちしております。
パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/6/14(木) 0:25 -
▼ひよひよさん:
>▼ymstさん:
>>いつも便利に利用させて頂いております。
>>
>>Administratorでログオンしている状態で、CrystalDiskInfo7_6_0.zip を
>>デスクトップ( c:\Uses\Administrator\Desktop\CrystalDiskInfo) に展開して、
>>コマンドラインから /Copy または /CopyExit オプションを付けて実行すると、
>>(例 DiskInfo64.exe /CopyExit)
>>
>>「Encountered an improper argument.」
>>
>>というエラーダイアログが表示され、DiskInfo.txt が出力されませんでした。
>>インストールパスを色々と変更して試したところ、パスのどこかに"ini" が
>>含まれているとエラーになってしまうようです。
>>Win7,Win10の複数環境で現象を確認しております。
>>
>>ご対応いただけますと助かります。
>>よろしくお願い致します。
>ご連絡ありがとうございます。
>完全にバグですね。
>Adm"ini"strator に反応してしまったと。文字列処理の不備なので近いうちに修正します。
7.6.1 で修正いたしました。
パスワード



 ymst  - 18/6/18(月) 15:13 -
7.6.1でエラーが出なくなったことを確認致しました。
ご対応ありがとうございました。
パスワード



Raidを組んでいると起動が遅い? Crysta...
 mk  - 18/5/31(木) 14:05 -
CrystalDiskInfo 7.6.0
Windows8.1
mb asus P6T SE

MBの機能でRaidを組んでいます。ストライピング。
デバイスマネージャーでは、Intel Raid 0 Volumeと認識されています。

この状態で、CrystalDiskInfoを起動すると、Windows自体が非常に遅くなり、CrystalDiskInfo自身も起動に非常に時間がかかります。10分以上。
タスクマネージャーでは、CPU、メモリ、ディスクの負荷は平常時で、CrystalDiskInfo自身が負荷がかかっているようなこともありません。

CrystalDiskInfoが起動完了すると、Raidを組んでいる元のディスク、4本も認識できています。
ただ、Windowsの動作は遅い状況。

CrystalDiskInfoを終了させ、1〜2分経つと、Windowsの動作が戻る。

Raidを組んでいても、元のディスク情報を読めるのは素晴らしいです。ただ、現状動作が遅くなるのは、問題があるので、Raidを認識したら、無条件でディスク読みに行くのではなく、利用者に選択を求めるか、スムーズに読み出せるかのチェック機能があれば助かります。
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAIL  - 18/6/14(木) 19:19 -
▼mkさん:
>CrystalDiskInfo 7.6.0
>Windows8.1
>mb asus P6T SE
>
>MBの機能でRaidを組んでいます。ストライピング。
>デバイスマネージャーでは、Intel Raid 0 Volumeと認識されています。
>
>この状態で、CrystalDiskInfoを起動すると、Windows自体が非常に遅くなり、CrystalDiskInfo自身も起動に非常に時間がかかります。10分以上。
>タスクマネージャーでは、CPU、メモリ、ディスクの負荷は平常時で、CrystalDiskInfo自身が負荷がかかっているようなこともありません。
>
>CrystalDiskInfoが起動完了すると、Raidを組んでいる元のディスク、4本も認識できています。
>ただ、Windowsの動作は遅い状況。
>
>CrystalDiskInfoを終了させ、1〜2分経つと、Windowsの動作が戻る。
>
>Raidを組んでいても、元のディスク情報を読めるのは素晴らしいです。ただ、現状動作が遅くなるのは、問題があるので、Raidを認識したら、無条件でディスク読みに行くのではなく、利用者に選択を求めるか、スムーズに読み出せるかのチェック機能があれば助かります。
返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

DiskInfo.log を送っていただけるとどこで止まっているかはわかりますが、RAID のサーチに時間を要しているのでしょう。(タイムアウト待ち?)

上級者向けオプションで、RAID のサーチを対象外にしていただくととりあえずサクッと起動するようにはなるかと思います。(RAID は見えませんが・・・)
パスワード



新バージョンはどこへ?
 まっちゃん  - 18/6/14(木) 8:06 -
CrystalDiskInfo 7.6.1、CrystalDiskMark 6.0.1がリリースされ、DLしたのですが、昨晩一時DLできたのに、6/14朝には、旧バージョンしかDLできないようですが!
アップデートされたのか?わかりません。再リリースされるとしたら、CrystalDiskInfo 7.6.1、CrystalDiskMark 6.0.1とは異なるものでしょうか
引用なし

パスワード



 ひよひよ  - 18/6/14(木) 19:06 -
▼まっちゃんさん:
>CrystalDiskInfo 7.6.1、CrystalDiskMark 6.0.1がリリースされ、DLしたのですが、昨晩一時DLできたのに、6/14朝には、旧バージョンしかDLできないようですが!
>アップデートされたのか?わかりません。再リリースされるとしたら、CrystalDiskInfo 7.6.1、CrystalDiskMark 6.0.1とは異なるものでしょうか

ダウンロードベージのバージョン情報更新が漏れておりましたので、先ほど修正いたしました。

ダウンロードファイル自体は、特に問題ございませんので、各所に配置されているリンクよりダウンロードしてください。
パスワード



CDIにて情報が正常に表示出来ていない?
 キリナシ  - 18/5/26(土) 0:40 -
ツイッターでツイートしていたところ、
報告くださいとのことでしたので、こちらに投稿させて頂きます。

対応転送モードが正常に表示されていない。
また、DドライブのSMART情報がEドライブと同一のものになっている。

ただ、現在使用しているマザーボードが、
BIOSでもSSDの容量が正常に表示されていないこともあり、
CDIの問題ではないかもしれません。
添付画像【1304_ssd1.jpg : 304.8KB】添付画像【1304_ssd2.jpg : 304.5KB】添付画像【1304_bios.jpg : 233.6KB】
引用なし

パスワード


[添付] :1304_ssd1.jpg (304.8KB)
[添付] :1304_ssd2.jpg (304.5KB)
[添付] :1304_bios.jpg (233.6KB)


 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/5/29(火) 0:27 -
▼キリナシさん:
>ツイッターでツイートしていたところ、
>報告くださいとのことでしたので、こちらに投稿させて頂きます。
>
>対応転送モードが正常に表示されていない。
>また、DドライブのSMART情報がEドライブと同一のものになっている。
>
>ただ、現在使用しているマザーボードが、
>BIOSでもSSDの容量が正常に表示されていないこともあり、
>CDIの問題ではないかもしれません。
Intel(R) Volume Management Device NVMe RAID Controller
配下のドライブで PCIe 関連情報がちゃんと取れないようですね。というか、NVMe RAID でもドライブ見えることあるのですね。(RAID 配下の NVMe デバイスが見えないという報告ばかりでしたので・・・)

正直なところ、対応は難しそうです・・・。
パスワード



外付け HDD 動作報告
 夜来香  - 18/5/19(土) 18:21 -
いつもありがたく使わせて頂いております。

下記動作致しましたのでご報告まで。

ELECOM SGP-NZ020UWH
http://www2.elecom.co.jp/products/SGP-NZ020UWH.html

余談ですが中身も見た目も一緒なんで、以前ご報告した下記と
同じ物の様です。

Seagate STEA2000400
https://www.seagate.com/consumer/backup/expansion-portable/
引用なし

パスワード



 ひよひよ E-MAILWEB  - 18/5/29(火) 0:19 -
▼夜来香さん:
>いつもありがたく使わせて頂いております。
>
>下記動作致しましたのでご報告まで。
>
>ELECOM SGP-NZ020UWH
>http://www2.elecom.co.jp/products/SGP-NZ020UWH.html

ご連絡ありがとうございます。動作実績リストに追記させていただきました。
http://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/crystaldiskinfo-external-drives/
パスワード



1 / 10 ページ    前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
 61940
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3