Crystal Dew World [ja]

【開発支援】同人誌販売中!!

上級者向け機能

AAM/APM 設定

AAM/APM 設定 をご覧ください。

自動的に AAM/APM 設定を適用する

システム構成によっては、AAM/APM の設定は電源の ON/OFF などにより初期設定に戻る可能性があります。

このオプションを有効にすると、手動設定と現在の設定が異なる場合のみ

  • CrystalDiskInfo 起動時
  • CrystalDiskInfo を常駐している場合、スタンバイや休止状態からの復帰時
  • 新しいディスクを自動検出時

に、自動的に AAM/APM 設定を適用します。

健康状態設定

健康状態設定 をご覧ください。

温度表記

温度表記の単位を摂氏度 (°C) と華氏度 (°F) から選択します。

自動検出

ディスクを自動検出するまでの時間を設定します。

※大量のディスクを同時に抜き差しすると正常に動作しないことがあります。不具合が発生した場合は、自動検出までの時間を長めに設定するか本機能を無効にしてください。なお、USB メモリなど CrystalDiskInfo が対応していないディスクを抜き差しした場合においても本機能は作動してしまいます。

生の値

「生の値」の表示方法を変更します。

スタートアップ時の待機時間

スタートアップ時に待機する設定します。

常駐形式

常駐時にメインウィンドウを非表示にするか最小化するかを選択します。
Windows 7 以降でタスクバーに CrystalDiskInfo を登録した場合は最小化を選んでください。

ATA_PASS_THROUGH

IDE/ATA_PASS_THROUGH を使用します(デフォルト有効)。古い ATI チップセットで動作が改善したとの報告がありますが、一部環境(Intel 製 ATA ドライバ)では音飛びやマウス飛びが発生することが報告されておりますので、問題が発生する場合は無効にしてください。※正確な情報が取得できない可能性がございます。

アドバンスドディスクサーチ

通常のサーチ方式では見つからないディスクを検出できる可能性がありますが、環境によっては OS ごとフリーズしてしまう可能性があります

  • ScsiPort0 ~ 15 の ScsiTargetID 0~7 に対してディスクの有無を確認します。
  • IDENTIFY_DEVICE の返り値が不適切なディスクも表示します。
  • S.M.A.R.T. に対応していないとレポートされる(*)ディスクに対しても S.M.A.R.T. 情報の取得を試みます。
    *外付けボードに接続したディスクで発生する可能性があります。

USB/IEEE 1394

USB/IEEE 1394 接続のディスクを検出するためのコマンドタイプを設定します。外付けディスクが応答しなくなるなどの問題が発生した場合は、コマンドタイプをひとつずつ解除して問題となっているコマンドタイプを見極めてください。

USB Memory (SAT) を有効にすると USB メモリに対しても SCSI ATA TRANSLATION 経由でアクセスを試みます。USB-SATA 変換チップを搭載した一部の高速 USB メモリで中身が見えるようになる可能性があります。

Intel RAID (CSMI)

Intel RAID 環境において CSMI (Common Storage Management Interface) 経由でディスク情報を取得します。最新のドライバをご利用ください。

ガジェット対応

サイドバーガジェット(Vista/7用)に情報を引き渡すため、レジストリにディスク情報を都度保存します。※他のソフトからも利用可能です。
※実装の詳細はソースコードをご覧ください。

ガジェットをインストール

CrystalDiskInfo 用ガジェットを保存しているフォルダを開きます。ダブルクリックして手動でインストールしてください。

S.M.A.R.T. 情報を隠す

メインウィンドウのサイズを縮小し、S.M.A.R.T. 情報表示部分を隠します。なお、メインウィンドウは縦方向についてサイズを自由に変更することが可能です。S.M.A.R.T. 項目が表示しきれずスクロールバーが表示する場合は必要に応じて拡大してください。

コマンドラインオプション

コマンドラインオプションは 1 つしか設定することができません。

/Exit : S.M.A.R.T. 情報の更新や AAM/APM 設定を適用した上で即座に終了します。

/Copy : 編集 > コピー の結果を DiskInfo.txt に出力します。

/CopyExit : 編集 > コピー の結果を DiskInfo.txt に出力してから終了します。

Return Top