Crystal Dew World [ja]

CrystalDiskMark 8.0.0

通常版

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CrystalDiskMark8NVMe_ja.png

Shizuku Edition

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CrystalDiskMark8Shizuku_ja-1024x563.png

主な変更点

  • UIライブラリとして Project Priscilla 採用
    • 16bitカラー環境に対応
    • Windows 10 ダークモード対応
    • Per-Monitor DPIv2対応
    • コンボボックスの透過に対応
    • コメントの直接入力に対応
    • ClearTypeの有効・無効切替に対応
    • GDI+フォント描画機能廃止
  • ベンチマーク項目を刷新
    • デフォルト:SEQ 1MiB Q8T1, SEQ 1MiB Q1T1, RND 4KiB Q32T1, RND 4KiB Q1T1
    • NVMe SSD:SEQ 1MiB Q8T1, SEQ 128KiB Q32T1, RND 4KiB Q32T16, RND 4KiB Q1T1
    • グループアフィニティオプションを -n から -ag へ再変更 / Ver.4-6は -ag、Ver.7 はデフォルト -n
  • デモ用プロファイルを追加
  • シーケンシャルテストとランダムテストを柔軟に選択できる機能を追加
  • リードオンリー&ライトオンリーテスト機能を追加
  • テーマ更新
  • 言語ファイル更新

スクリーンショット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CrystalDiskMark8NVMeDarkRed_ja.png
DarkRed
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CrystalDiskMark8PeakMix_ja.png
ピーク性能&リードライト混在性能測定
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CrystalDiskMark8Demo_ja.png
デモモード

プロジェクト概要

開発コードネームCecile
開発期間2020/4/18-2020/11/20
ライセンスMITライセンス

リリースノート

CrystalDiskMark 7では、エディットボックスの透過機能をどうしても実装することができず、コメントを入力するための専用ウィンドウ&エディットボックスを用意するという、大変残念な状況でした。

CrystalDiskMark 7のリリースから1年かけて、CrystalDiskMarkとCrystalDiskInfo共通のUIライブラリ Project Priscilla を磨き上げ、エディットボックスとコンボボックスの透過対応や16bitカラー対応、Per-Monitor DPIv2対応、非公開APIを用いたWindows 10 ダークモード対応など基本機能を拡充してまいりました。

また、ベンチマーク条件も最新のPCIe 4.0対応SSDの性能を踏まえて刷新しております。シーケンシャルテストにおいては、1MiB Q8T1と128KiB Q32T1の2種類のテストを行うので、より高い方をピーク性能としてご利用いただければと思います。

とても良いストレージベンチマークソフトに仕上がったので、ぜひご活用ください。

魂の開発風景(ラストスパート)

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top